坂のまち

さいたま市内で最も標高が高いところは海抜20メートル。
東京湾岸から京浜東北線で30分も走って、
わずか20メートルしか上がっていない。
本市はまことに平坦な土地にある。
ちなみに、政令指定都市でこんなに平らべったい市はない。

確かに、高い建物に登って周囲を見渡すと、地形の平坦さがよくわかる。
天気がよければ、南西方向に約100キロ離れた富士山が見える。
北西方向には90キロ先に赤城山、北東は60キロ先に筑波山が見える、はずだ。

c0238060_16241321.jpg


けれども実際に住んでみると、人生がそうであるように
平坦な道ばかりではない。
とくに市域の南部では、車で通る分にはさほど意識されない
ほどの小さな起伏だが、自転車や徒歩ならば確実に足取りが
重くなるような坂道がそこかしこに隠れている。
徒歩や自転車で移動している生活者には、
平坦なまちという印象はないだろう。

本市は北から張り出している低い台地(大宮台地)の上に乗っている。
台地の南端はちょうど手の指を広げたような形状で低地に接している。
その「指」が小さな尾根になり、指の股が窪地になる。
そのため、東西方向に移動すると、何本も指の尾根を越え、
指の股をたどる羽目になる。
これが実は、けっこう楽しい。

昇り降りは確かにホネだが、坂道は平べったい景観に句読点を打つように
変化をつけ、ありふれたまちなみに個性を与える。
何よりもタクシーに乗ったときの目印になっていい。

ということを先人が考えたのかどうか定かではないが、
昭和五十年代に当時の浦和市が坂道の愛称を募集している。
その数21か所。
焼米坂(やきごめざか)は、中仙道の旅人に焼き米を売る店があった
ところから命名されたものだし、富士見坂は高いビルのない時代でも
富士がよく見えた場所なのだろう。
朝日坂なんていうのもある。名前を聞いただけで東西方向の坂だと見当がつく。
朝日がきれいな坂道なんて、こんなよい名をつけられた坂はしあわせものだ。

とはいえ、昭和五十年代の命名であり、現在どうなっているのか
実ははっきりしません。まさか坂道がなくなっているとは思わないけれど。
暇ができたら、名のある坂をめぐって、現状を報告します。
今日はその前口上でした。

(お初です。ひげG)

by saitamacitypr | 2012-04-23 16:45 | まちの話題 | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧