何度苦地名

つい最近の新聞に出ていたので、覚えている方もいらっしゃるでしょうが、
八潮市で垳という地名が消える、とか。
垳と書いて「がけ」と読むようです。
見たこともない字でした。


というのも当然で、この「垳」という字は
八潮市の当該地名でしか使われない字。
そんな字があるんですね。
この地に縁がなければ、一生目にする機会はないかも。


ということは、地名がなくなってしまえば、垳の字も用がなくなり、
やがては幻の字になってしまうでしょう。


それにしても、地名と言うのは面白い。
たとえば、何とか新田(しんでん)というのは、
およそ近世以降に田んぼを開いた場所。


飯田新田、植田谷本村新田、尾ヶ崎新田、釣上新田、加田屋新田、
上山口新田、玄蕃新田、笹久保新田、新右エ門新田、西山新田、
西山村新田、蓮見新田などなど、
市内の地図をざっと見ただけでも、こんなに新田があります。
そういえば「新開」なども新田開発の名残でしょうか。


昔のさいたま人は働き者で、水田に向く土地をせっせとせっせと開拓し、
その結果、今のさいたま市のいしずえができました、
というストーリーが、新田という地名から連想されます。


すると、昔ながらの地域の人たちには、
この働き者のDNAが受け継がれているでしょうが、
わたしは流れ者らしく、怠け者です。いや、余談でした。


話戻って、上に何気なく引いた「新開」。「しびらき」と読みます。
「新開」と書く地名は日本各地にありますが、「しんかい」がふつうです。

c0238060_9315534.jpg



ついでに、市内の難解地名をご紹介しましょう。
円阿弥(えんなみ)、釣上(かぎあげ)、古ケ場(こかば)、
道祖土(さいど)、鹿手袋(しかてぶくろ)、寿能町(じゅのうちょう)、
清河寺(せいがんじ)、西遊馬(にしあすま)、馬場(ばんば)、
文蔵(ぶぞう)、水判土(みずはた)、神田(じんで)。


役所にいると、仕事上、地名には詳しくなりますが、
それにしてもさいたま市には、知らないと読めない地名が多い。
何度も読み違えて苦労しました。


その一方で、読んで字の如し、プラザなんていうカタカナ地名もあります。
西区です。
そして、わたしが最も好きな地名は「風渡野」。
「ふっとの」。素晴らしい。

c0238060_932852.jpg


(ひげG)

by saitamacitypr | 2012-06-06 13:12 | まちの話題 | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧