よみがえる昭和のくらし

せっかくの七夕が大雨だった翌日、小雨が残る中訪れたのは、
緑区の「浦和くらしの博物館民家園」。

ここで、現在、「よみがえる昭和のくらし〜電気釜から大阪万博まで〜」
という企画展が開催されていることを知り、
人生の約半分を昭和に生きてきた私は、是非とも当時の記憶をよみ
がえらせたいという衝動にかられたのでした。

「浦和くらしの博物館民家園」は、国道463号(浦和越谷線)沿いにあり、
浦和駅方面から向かうと、芝川を越えてすぐのところ。
ほぼ向かい側「クリーンセンター大崎」の焼却施設が目印です。

旧浦和市に残された伝統的な古建築を移築復元して、民俗資料を
収集・保存・展示する施設として公開されています。

リンク:浦和くらしの博物館民家園(トップページ)


80台駐車可能な駐車場に車を停めて、まず向かったのは、事前に
チェックしていた園内の「古代蓮」。
こんな案内を見ながら、きれいに咲いている花を満喫。

c0238060_9461242.jpg

c0238060_9461995.jpg
c0238060_9462898.jpg


雨は未だやまずも、傘をさすほどではなく、とてもいい雰囲気。

そこで、園内をひととおり散策してみることに。

復元された住宅・表門、小川、畑、庚申塔。

c0238060_9465035.jpg

c0238060_9465831.jpg

上空には、最近めっきり姿が減ったといわれているツバメが舞い、
どこからかウグイスの声も聞こえてくる。
他にも鳥の鳴き声がするのですが、
残念ながら、名前がわかりませんでした。

園内は決して広大ではありませんが、こんな虫達もいたりして、
さいたま市にいることを忘れてしまいそうな不思議な感覚。

c0238060_9471064.jpg
c0238060_9472046.jpg


子どもの頃遊びにいった、父方の親戚がある某県の
山のふもとを思い出すような・・・。

雨は、園内を何度か周回しているうちにやみ、お目当ての企画展を
見る前から、すっかり童心にかえってしまいました。

これから、展示室に向かいます! 続きは、また今度。

c0238060_9473444.jpg


(サンダース)

by saitamacitypr | 2012-07-11 09:38 | まちの話題 | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧