よみがえる昭和のくらし(承前)

「浦和くらしの博物館民家園」で開催されている
「よみがえる昭和のくらし〜電気釜から大阪万博まで〜」
という企画展。

前回のブログでは、企画展にたどりつくまでの園内を紹介しました。


さて、企画展のコンセプトは、
「昭和30年代・40年代は、日本が戦後の復興を経て高度経済成長を
遂げ、ものづくり大国へと歩き始めた活力に満ちた最も輝いていた時代。
私たちが歩んできた記憶の中にある歴史を昔懐かしい資料や写真パネ
ルで紹介。」

私の記憶が残っているのは、昭和40年代の後半以降になりますので、
30年代の資料や写真パネルにも、期待しながら入場。
ちなみに入場料は、無料です。

入ってすぐに目につくのが、コロナハードトップの勇姿。

c0238060_9531257.jpg

子どもの頃、両親にミニカーをよく買ってもらっていたなぁ。
ちなみに私はスポーツタイプの車が好きだったので、
コルトギャランやケンメリのスカイラインがお気に入りでした。

次は、これです。懐かしいブラウン管のテレビ。

c0238060_9535153.jpg

物心がついたころ、わが家のテレビは、まだ白黒で、
そこは背番号3の躍動の場所でした。
カラーテレビがあり、少し年上のいとこがいる近所の親戚に
遊びに行くことが楽しみで、テレビもさることながら、
ホームサイズのコーラやサイダーが
それ以上にお目当てだったことが想いだされます。

企画展では、この他にも、ミシン、乳母車、洗濯機といった日用品から、
ダッコちゃん人形、パーマンマスク、日本万国博覧会パンフレット、
仮面ライダーカードなど、懐かしい品々で楽しませてくれます。
当時の駅前の様子や市報など、写真パネルやキャプションを見ると、
さいたまの、ちょっとした歴史通にもなれます。

c0238060_954611.jpg

c0238060_9542087.jpg

c0238060_1025647.jpg


給食レプリカもあります。パンに付けて食べるオレンジマーマレードが
どうしても好きになれず、残してしまい、先生によく怒られましたっ!


c0238060_955238.jpg

私と同年代(人生の半分ぐらいを昭和に生きてきた方)や、
少し先輩の方がここを訪れると、きっと、いろいろな想い出が
よみがえります。
企画展は、9月2日(日)まで。
まだまだ、たっぷりと時間がありますので、
どうぞ、足をお運びください。


「浦和くらしの博物館民家園」に興味をもった方は、是非こちらも
ご覧ください。様々な講座を開催しています。
夏休みには、お子さん向けの講座も多数ありますよ。

リンク:浦和くらしの博物館民家園(7月)の講座・催し

リンク:浦和くらしの博物館民家園(夏休み子ども講座)


さらに、大宮区高鼻町にある「さいたま市立博物館」でも、こんな催しが。

リンク: 平成24年度夏休み子ども博物館

(サンダース)

by saitamacitypr | 2012-07-18 13:48 | まちの話題 | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧