素晴らしきかな、スポーツ。

伊藤華英選手(競泳)
「自分がこれまでやってきたことを、無駄にしないように
終わりたかった。でも、まさかオリンピックに2回も出場するとは
思わなかった。夢は、かなうものと思ってやって欲しい。」

土井杏南選手(陸上)
「結果には満足していない。8万人の観衆の中で走ったのは
気持ちよかったが、世界との壁を感じた。もう一度、
世界の舞台で戦いたい。次に向けて練習を始めている。」

8月27日(月)、ロンドンオリンピックに出場した
伊藤選手と土井選手が大会での成果を報告するため、
そろって、市役所にお見えになりました。

さいたま市からは、両選手にスポーツ特別功労賞を授与しました。

今回のブログは、そのときに市長や議長を前にして語った、
言葉でスタートしました。

自己の持つ記録を、コンマ1秒以下で短縮するため、
日々練習を重ねて、絶え間なく努力をした
二人の言葉だからこそ、力強さと重みがあります。


≪花束を受取り、笑顔の伊藤選手(左)と土井選手(右)≫

c0238060_13485925.jpg

≪表彰式後の記念撮影≫

c0238060_13494294.jpg

スポーツ特別功労賞を受け取った直後の二人からは、
開口一番、「応援ありがとうございました。」との感謝の言葉が。

スポーツで国を代表する選手は、応援する人々に感謝し、
人々は、大舞台で全力を尽くす選手の姿に、勇気と力をもらい感謝する。

スポーツの醍醐味は、勝ち負けだけではなく、
こんなところにもあるからこそ、多くの人々に愛されるのでしょうね。

ところで、成果報告を聞いていた私の感想はというと...。

伊藤選手は、凛々しく、そして、心から競泳が好き。
指導者への道を選べば、きっと、素晴らしい選手を育てるだろうと
感じました。

土井選手は、常に笑顔を絶やさず、前向き。
世界選手権や4年後のリオデジャネイロオリンピックでも
きっと、私たちに勇気と力を与えてくれるでしょう。

≪笑顔で成果報告≫

c0238060_13495872.jpg

清水市長がお二人へ贈った「次の夢に向けて、頑張ってください。」
今回のブログは、この言葉でしめたいと思います。
(サンダース)

by saitamacitypr | 2012-08-31 08:45 | スポーツ | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧