人形のまち岩槻で

今週木曜日(14日)はホワイトデーF458.gif
1か月前にいただきものをした男性の皆さん!
お返しF6A8.gifするのをくれぐれも忘れませんようにF7CE.gif

さらに土曜日(16日)はJR東日本のダイヤ改正に伴い、
湘南新宿ラインと新宿発着の東武特急「スペーシア きぬがわ」がとうとう!
この日から浦和駅に停車F68E.gifすることになります。

ということで今週はスタートからソワソワ落ち着かない、
鉄道大好きF68E.gifで甘党F6A9.gifなスナフキンがお送りします。
でも今日の話題はイベントの体験レポート&一部観光PRです。

先日Ryuuさんが「HINAイベント」の紹介をしていましたが、
そのうちの「流し雛」「まちかど雛めぐり」に参加してきました。

3月3日(日)10時30分に東武野田線・岩槻駅をスタート。
まずは流し雛の会場の岩槻城址公園に向かいますF476.gif
クレセントモールの前では、まちかど雛めぐりのパレードに出る女の子たちが
入念にリハーサルを行っていました。
その光景を横目に見つつ歩を進めますF476.gifF6CD.gif

途中、お店などに寄り道し、ひな人形を見学させてもらうなどして、

c0238060_1012790.jpg
(あるお店の店先の雛人形)

城址公園に着いたのはちょうど11時でした。
さん俵を買い、願い事F640.gifを書いて流し雛の順番の列に並びます。
池ではセレモニーが行われ、
ミス・ユニバース埼玉大会ファイナリストの2人が
お内裏さま・お雛さまF3B8.gifに扮してさん俵を流しているところでした。

c0238060_20453719.jpg
(ミスユニバースファイナリストの2人)

池を挟んで反対側から見ただけでしたが何となくF37E.gifオーラF37E.gifが出ていたような。
といっても写真F6EE.gifF651.gifではよくわかりませんね。
お雛さまに扮していたのが川岡杏奈さん、お内裏さまが清川葵さん。
ちなみに、清川さんは地元・岩槻区内の
県立高校に通う高校生なのだそうです。

順番が来て、さん俵を流したら、今度はまちかど雛めぐりへGoF3DD.gif

c0238060_20453721.jpg
(水面を流れていくさん俵)

まちかど雛めぐりの区域は、岩槻駅を中心に東は城址公園、
西は東久人形歴史館と、徒歩で回るには結構範囲が広いので、
漫然と歩くとすぐに夕暮れになってしまいそうです。

そこで一石二鳥なのが「スタンプラリー」F37E.gif
スタンプを集めて回るのですがこれがスグレモノで、
スタンプの置いてあるお店やスポットを
順繰りに目指していくとうまく回れましたF3A8.gif

c0238060_20453715.jpg
(スタンプはこんな感じで押していきます)


c0238060_20453760.jpg
(玄関前に飾られていた人形たち)

街なかには年代物の貴重な雛人形を飾ってあるお店や民家、
施設が多くありますが、その内の何点かを紹介しますF64E.gif

蔵造りの建物から歴史を感じられる旧家の雛人形F3B8.gifです。
江戸時代のものから明治、昭和、現代の雛飾りまで
豪華に取り揃えてあり、大勢の方が見学に訪れていました。

c0238060_2045372.jpg
(蔵の中は多くの方が見学に訪れていました)


c0238060_20453735.jpg
(江戸時代後期の「古今雛」は現代の人形の素といわれています)

こちらは酒屋さんの店頭に飾られていた雛人形F3B8.gifです。
昭和初期のものだそうです。

c0238060_20453865.jpg
(傷み等が殆どなく大事に保存されてきたのがわかる昭和初期の雛飾り)

お店のご主人のお話では、
昭和初期から太平洋戦争の頃までの雛人形は
建物「紫宸殿(ししんでん)」に入っていて、
建物に入ったお雛さまが屏風を立てるように
変わったのは戦後になってからなんですよ
、とのことでした。

c0238060_104988.jpg
(紫宸殿は古代の天皇の居住所の第1御殿のことです)

こちらは小さな博物館・遷喬館。
建物は江戸時代の藩校を移築したものです。
紅梅の木が植えられています。
梅の花と茅葺き屋根の建物が一緒に収まると
タイムスリップしたような錯覚に…
陥りませんか?

c0238060_20453812.jpg
(紅梅との取り合わせが綺麗な遷喬館)

こちらにも人形が展示されています。

c0238060_20574186.jpg
(宮中のいわば雑用係であった「衛士」は雛段の下の方にいることが多いようです)

こちらは遷喬館から少し歩いたところの、
あるお宅の玄関先です。
ズラリと並んだ雛人形も壮観ですが、
小さな子どもの形をした
吊るし雛が可愛らしくて印象的でしたF3A1.gif

c0238060_2057563.jpg
(個人宅の玄関先に居並ぶ人形たち)


c0238060_2058530.jpg
(赤ちゃんの形をした吊るし雛)

今度は岩槻郷土歴史資料館の内部です。
岩槻城の模型にも惹かれましたが、
今日は雛人形をよく見ておかねば、
ということで人形をじっくりと見学。
こちらの雛人形も紫宸殿に入ったタイプです。

c0238060_20581435.jpg
(博物館でみた昭和初期の人形はやはり紫宸殿入りでした)

まだまだ写真F6EE.gifF651.gifに収めた貴重な雛人形がありますが、
スペースの都合もあるので今回はこのぐらいで
控えておこうと思いますF7CE.gif

上の酒屋さんもそうですが、行く先々で雛人形に関するお話が聞けました。
本当に岩槻の皆さんは「人形のまち岩槻」を誇りに思い、
人形文化をとても大切にされているのだな、と感銘を受けました。

私もさいたま市民(いや、職員を強調すべきでしょうか)として、
岩槻の人形文化を大切に守っていきたいと思いますF48A.gif

ちなみに、スタンプラリーですが、
6個のスタンプを全部押すと景品F6A8.gifがもらえるとのことで、
ゲットしたのがこちら、人形の絵はがきでしたF37E.gif

c0238060_20582529.jpg
(2枚組の絵はがきのうちの1枚です)


この次の「流し雛」は来年の3月になりますが、
「まちかど雛めぐり」は今週日曜日(17日)まで開催しています。
桃の節句・ひな祭りは終わっていますが、見どころ一杯の岩槻区、
皆さんも一度足を運んでみてはいかがでしょうF485.gif
(スナフキン)


リンク:第10回人形のまち岩槻「まちかど雛めぐり」が開催されます
by saitamacitypr | 2013-03-13 09:00 | 観光 | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧