「ほっ」と。キャンペーン

花火は写真に収めるもよし…

9月に入り朝晩だけでなく日中も過ごしやすくなってきましたF3C1.gif
ここ何回かウォーキングイベントF476.gifを紹介した記事が続きましたが、
健康のためにも、せめて週末ぐらいはウォーキングで汗を流そうと思っている
「スナフキン」がお届けしていますF48A.gif
今回はウォーキングとは違った話題で失礼します。

ここ数年、さいたま市では夏の間に3回花火大会を開催していますが、
今年は政令指定都市移行10周年F647.gifに当たることから、これを記念して
10月13日(日)に今年4回目となる花火大会を開催しますF36F.gifF36F.gifF36F.gif

c0238060_1443516.jpg


夏の3回は大和田公園、東浦和(大間木公園)、岩槻文化公園と、
会場がいずれも市内の東寄りの地域でしたが、この花火大会は
市の西側にある荒川総合運動公園が会場になります。

メールマガジンF475.gif「知っ得!さいたま」読者の方からも
「市の西側地域でも花火大会をやってほしい」という声が多く寄せられていましたので、
楽しみにしている方も多いと思われますが、
皆さんには、家族、友人、あるいは大切な人と楽しんでいただければ、と願っていますF48B.gif

余談ですが、メールマガジンF475.gif「知っ得!さいたま」では、
花火大会の観覧席入場チケットをはじめとする「読者限定プレゼントF6A8.gifのほか、
イベント情報など知って得する情報を配信しています。
この機会に読者登録していただき、プレゼント応募や「クイズ王F7F9.gifに挑戦!」など
にもぜひチャレンジしてみてくださいね!

(読者登録、バックナンバー閲覧はここ↓をクリック!)
https://mailmaga.city.saitama.jp/mailmagazine/



さて、花火といえば、私たち広報課職員も現地に行って写真F6EE.gifF651.gifに収め、
市報さいたまF677.gifホームページF7E8.gifなどで紹介しています。
花火の撮影はそれなりに難しいのですが、10月の花火大会で撮ってみようかな、
という方向けに今回ごくごく簡単に撮り方を紹介F6EE.gifF651.gifします。

広報課ではカメラF6EE.gifはいわゆる「一眼レフ」を使っています。
三脚で固定し、「レリーズ」というシャッターを押した状態を保つための機器を接続します。

c0238060_14405131.jpg
(カメラとレリーズ)

撮影場所は前に遮るものがない場所をまず選び、
その後で観客の混み具合などを見て決めます。
混雑する場所では三脚を立てて撮影すると周りの迷惑になることがあるので注意が必要ですF7CE.gif

場所が決まったら撮影F6EE.gifF651.gifです。
スペースの都合でカメラの設定等の詳細は割愛しますが、
ISO感度は低めに設定し(100〜200)、
「絞り値」は、F11前後(±2)が一般的なようです。

シャッタースピードは、これは撮りながら調整することになります。
一般的には「ドーン!」と打ち上げ音が鳴り、「ヒュルルルー」と玉が上昇する
のが見えてからシャッターを押し、花火が開いて光跡が消えるタイミングでシャッターを閉じます。
※風向きなど撮影場所の状況によっては「ドーン!」の打ち上げ音の方が
玉の上昇が始まった後に聞こえることもあります。

c0238060_1404169.jpg
撮った写真はこんな感じに(大和田公園会場)

c0238060_1404134.jpg
こんな感じにも(岩槻文化公園会場)

花火は「開いた瞬間」よりも「光跡」を撮るイメージで撮ります。
開いた瞬間だけを写そうとすると、思いのほか画面が暗くなり花火も淋しく写ります。
また、シャッターを開ける時間が長すぎると、
明るくなりすぎてこれもまた残念な写真になります。

c0238060_1404198.jpg
花火が淋しく見える失敗例(岩槻文化公園会場)

c0238060_1404111.jpg
明るすぎる失敗例(大和田公園会場)


ピントは一度打ち上げ地点のあたりに合わせてから
オートフォーカスをOFFにして固定し、打ち上げ開始後に写しながら微調整します。
※カメラの設定・ピントの調整は明るいうちにやっておくことをおススメしますF64E.gif

以上は一眼レフカメラでの撮影の紹介ですが、そういうカメラは持ってない!
という方もいらっしゃるかもしれません。
では、普通の「コンパクトデジカメF6EE.gif」では花火の写真は撮れないか?
といえばそうでもないようです。
作例をお示しできないので、説得力に欠けてしまいますが、
最近の機種で、ある程度の性能を持ったものは、
「花火モード」などの撮影メニューを備えており、
それなりに綺麗に写すこともできるようですF6CF.gif

c0238060_14482462.jpg
「花火モード」を搭載したコンパクトデジカメ

夜空F3C5.gifに咲く花火の見物は夏に限らずどの季節でも思い出づくりにうってつけです。
美しい情景は記録(写真F6EE.gifやビデオF6F0.gif)に残しておきたくもなります。
でも美しい花火を写真や映像で美しく記録しようとすれば、
自然と神経がそちらにいき、他がおろそかになりますF7CE.gif

特に、大切な人と花火を見るという方は、写真撮影等はほどほどにして、
F37E.gif大切な人との時間F37E.gifを大事に過ごされることを私「スナフキン」はオススメしますF3A1.gif

(スナフキン)

by saitamacitypr | 2013-09-12 16:48 | 職員ノート | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧