続・与野七福神めぐり 〜福禄寿・弁財天・布袋尊〜

突然ですが、皆さん!
さかのぼること約2か月半、猛暑F653.gifに挫折した
「与野七福神めぐり」を覚えていらっしゃいますか?
忘れてしまった方、まだ、ブログを読んでいない方は、
最初にこちらをご覧ください。


すっかり秋めいてきたF340.gifF6A7.gif10月中旬の土曜日、
心地よい秋の日差しF660.gifに誘われて、
残りの三福神を訪ねてきましたので、お伝えします。

まずは、素通りしてしまった「福禄寿」さま
会うために前回同様、北方面に向かうことにF476.gif
夏の日の失敗に懲りない私は、今日も地図を持たずに
与野本町駅F68E.gifからスタート。
そして、これも前回同様、駅広場の「中央区総合案内図」
お寺の名称と場所を確認します。

c0238060_1162247.jpg


ほどなく、無事にお寺に着いたものの、
あの、特徴ある緑の看板が見当たらない!

秋の日の好天F660.gifとは裏腹に、いきなり雲行きF665.gif
怪しくなってきました。

駅広場の案内図は、よく見たつもりだけど、
ひとまず、ここはパスして南に向かおうかと、
前回お邪魔した「恵比寿」さま「一山神社」前を
通りかかると…。

あれっ?案内板が更新F47D.gifされているF64E.gif

c0238060_1164883.jpg


しかも、ありがたいことに、七人衆の所在が
すべて表示されているではありませんか。

さらによく見ると、「氷川神社」? んっ「御嶽社」?
確か駅広場の案内板では、七福神さまがいらっしゃるとは
表示されていなかったけど…F7CE.gif
まぁ、いいか。時間はたっぷりあるし。

ということで、Uターン。「氷川神社」へと向かいます。
この「プチまち歩きF476.gifのきっかけとなった
手打ち蕎麦処「しちふくじん」がある「八幡通り」を越えると
すぐに「氷川神社」があります。

ここにいらっしゃったのが、
お目当ての「福禄寿」さまなのでした。

c0238060_1185832.jpg


「福禄寿」さまは、人生の三大目的とされる
福(幸福)、禄(身分)、寿(寿命)の
すべてを兼ね備える、すごい神様です。
「氷川神社」の境内は、意外と奥行がありました。

c0238060_118586.jpg


「福禄寿」さまに別れを告げ、次に向かうことにしたのが、
「与野公園」近くの「御嶽社」です。

目的地がはっきりして、足取りは軽くなりましたが、
前回のルートをそのままたどっていくのも、何となく気になるところ。
それは「暑さのせいだった。」と自分自身を納得させて、
「本町通り」を南下しますF476.gif

歩くこと約7〜8分、「御嶽社」付近に着きますが、
せっかくなので、「与野公園」に立ち寄り、
見ごろを迎えていたバラF7EA.gifをカメラに収めましたF6EE.gifF651.gif

c0238060_1191240.jpg

c0238060_1192326.jpg


そして、公園に隣接する「御嶽社」へ。
ここには、七福神で唯一の女神さまF3D4.gif「弁財天」さま
いらっしゃいました。しかも、緑の看板だけではなく、
立像までありました。

c0238060_1194655.jpg

c0238060_11103710.jpg


「弁財天」さまは、学問、学芸、財宝の神様で、
F6BF.gifに関係の深いところにも、まつられています。

c0238060_11105140.jpg


「御嶽社」のお社は、小さいながらも、階段を何段か上った
ところに鎮座し、周囲に生い茂る木々F487.gifとマッチングして、
とても神々しい雰囲気がありましたよF3A1.gif

さあ、いよいよラスト。残すは、お腹の大きな「布袋」さまです。
「彩の国さいたま芸術劇場」を左手に見つつ、
新大宮バイパス方面にある「圓福寺」へと向かいます。

c0238060_11105674.jpg

c0238060_11112484.jpg


「毘沙門天」さまがいらっしゃった「鈴谷大堂」と同じく、
住宅地F684.gifにある「圓福寺」は、思いがけず、立派な本堂でびっくり。

「布袋」さまは、七福神の中では唯一、実在の人物とされ、
その生き様は、見識ぶらず、威張らず。
何事にも拘らない心、度量大きく人に接する人徳から
福運大量のご利益があるそうな。

c0238060_1112214.jpg


よーく拝見すると、たしかに、福耳ですね。

ちょっとした波乱含みだった夏と秋の「与野七福神めぐり」
これにて終了です。

でも、実は、このありがたい七人衆がスポットライトF651.gifF651.gif
浴びるのは、これからの季節。
そう、お正月F3B7.gifです。

毎年1月3日に「与野七福神仮装パレード」が行われるほか、
元旦から7日までの間、福神をまつった7か所の泰安所での
記念押印、絵馬などが用意され、新年を迎えたさいたま市の彩りに
はなF368.gifを添えます。

c0238060_11352544.jpg

c0238060_11354980.jpg

c0238060_1136012.jpg


少し、気の早い話ですが、来年のお正月F3B7.gifは、
ご家族で「与野七福神めぐり」をしてみては、いかがですか。
ありがたい七人衆のことですから、
きっと、ご利益があると思いますよF6CF.gif

【追伸1】

前回の「与野七福神めぐり」のブログで出題した
上杉謙信の伝説がある、
さいたま市内のお寺
は、「大宮二十景」にも
なっている「景元寺」ですF6C9.gif
「景元寺」は、さいたま市の天然記念物に指定されているシイの木
2本あり、別名「シイノキ寺」と呼ばれています。
言い伝えによると、謙信が関東に出陣した際、このシイの木の下で
雨宿りしたそうです。
その後、謙信の家臣長尾景元がここに陣屋を構え、
やがて寺になった折に、景元の名前を取って「景元寺」と
したそうです。

【追伸2】

文化財を見学の際には、マナーを守り、保存団体、近所の方、
他の見学者の迷惑とならないようにお願いします。


(サンダース)

by saitamacitypr | 2013-11-14 09:53 | さいたま伝 | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧