さいたま市初のクラフトビール、「氷川の杜(もり)」登場!

さっそくですが…

c0238060_15355754.jpg


おいしそうでしょうF65B.gif
ええっF65A.gifおいしいんですF395.gif

あっ
申し遅れました、
私ビール大好き職員「マルコ」です。

旬なビールネタにつき、
今回も私「マルコ」がお送りします。

ということで、
まずは、クラフトビール「氷川の杜」のメンバー紹介F65A.gif
左に見えますのが、F69C.gifアンバーエールF69C.gif

琥珀色で、武蔵一宮氷川神社の幽玄な雰囲気を表現しており、
苦みのあるのが特徴です。
 
そして、右に見えますのがF69C.gifゴールデンエールF69C.gif

その名のとおり黄金色で、氷川参道周辺の華やかさを表現しており、
フルーティで、すっきりした味わいが特徴です。

埼玉県内には既にあるクラフトビールですが、
さいたま市では初登場F65A.gif

一昨年、大宮駅東口の大型商業施設が閉店したことで、
「街が衰退していくのではF6BF.gif」と、
仲間たちと危惧していた菊池俊秀さんが
まちおこしの手段として思いついたのが、
クラフトビールF69C.gifだったそうです。

c0238060_15355787.jpg

▲氷川ブリュワリー代表取締役の菊池さん

そして、このクラフトビールの事業計画を、
「さいたま市ニュービジネス大賞2013」に応募し、
コミュニティビジネス大賞を受賞したF48B.gifことをきっかけに、
それまで技術者として勤めていた有名カメラメーカーを昨年12月に退職し、
翌1月に「氷川ブリュワリー」を設立。
8月6日から醸造所に併設のパブで、「氷川の杜」を提供しています。

さいたま市ニュービジネス大賞とは、さいたま市を元気にするニュービジネスを
発掘する目的で、公益財団法人さいたま市産業創造財団の主催により、
平成17年度から実施しているF651.gifビジネスプランコンテストF651.gifです。
受賞したビジネスプランについては、専門家のアドバイスF6D6.gifや販路開拓の機会提供など、
事業化の促進を支援 F37E.gif していきます。

詳しくは、こちらF75C.gifへ。
http://www.sozo-saitama.or.jp/snb/

え~続けますF65A.gif
コミュニティビジネス賞の名のとおり、
単なるモノづくりの会社としてではなく、
人と人、人と企業、そして企業と企業とのつながりを作る
ということをコンセプトに、さいたま市をF37E.gif明るく元気にF37E.gif
変えていく会社として設立したそうです。
そのコミュニティを作る手段がクラフトビールF69C.gifであり、
コミュニティを作る場が醸造所併設のパブだそうです。

c0238060_1535571.jpg


なんでも、5年前から茨城県内の醸造所にて、
醸造体験をしており、自分なりのレシピを作成していたとのことで、
「氷川の杜」の醸造にも、その経験及びレシピがふんだんに活かされていますF65A.gif

c0238060_15355752.jpg

▲醸造釜に投入するホップを計測

c0238060_1535579.jpg

▲煮込んだ麦芽のアクをとる様子


続いて店内の様子をご紹介F75C.gif
まず、入口入って左F6D8.gifに見えるのが、醸造釜F65A.gif

c0238060_15355711.jpg


銅製の釜が、おしゃれなインテリアにも見えますが、
この釜で実際醸造しているんですF65A.gif

c0238060_15355725.jpg

▲醸造釜にホップを投入している様子

そして、併設パブの店内は、落ち着いた雰囲気で、
随所にこだわりを感じます。
壁の色は、ゴールデンエールの色味を表現しており、
菊池さんたち自らで色味を調整し、塗装したそうですよ。

c0238060_15355766.jpg

c0238060_15355741.jpg

c0238060_15403566.jpg


壁までビール色なんて、まるでビールF69C.gifにつかりながら
ビールF69C.gifを飲んでいるようで、なんとも至福ですF69C.gifF69C.gif

c0238060_15403621.jpg

メニューは、壁にこんなF75B.gif感じで書かれていますF679.gif

8月6日に初提供されてから、
ようやく先週12日に、私「マルコ」も
「氷川の杜」をいただいてきましたF69C.gif

c0238060_1541269.jpg


アンバーエールは、しっかりとした苦みのある味わいで、
ソーセージや厚切りベーコンなどとの相性が最高でしたF3A1.gif
思わず出ましたF37E.gif「うん、うまいっ!」F37E.gif

c0238060_15412175.jpg

▲うずまきソーセージ
c0238060_15413971.jpg

▲厚切りベーコン

c0238060_15421499.jpg


また、ゴールデンエールは、香りが良く、
飲んだ後の鼻に抜けるフレーバーを楽しみながら、
ゆっくり味わえるビールでしたF3A1.gif
「あ~しあわせF399.gif

そして、もう一つ
「自分ビール」というメニューもF65A.gif

c0238060_15424490.jpg


これは、アンバーエール又はゴールデンエールをベースに
自分好みのビールを展開していく「地ビール」ならぬ
「自ビール」だそうです。
これから、種類も増やしていくそうですよF65A.gif
また、市内の結婚式場などとコラボすることで、
例えば、新郎新婦F6D3.gifF6D5.gifが自分好みの味のビールを造り、
引き出物F6A8.gifにするなんてことも考えているとか。
その際は、地元デザイナーにパッケージを依頼するなど、
まさに、人と人、又は人や企業などとのコミュニティを作る
ツールという存在の「氷川の杜」

極めつけに、もぉ1つ!
透明感あるクリアな色合いに、
スッと入っていくのど越し、
まるで水 F6BF.gif のよ…
あっF39E.gif水でした!水道水 F6BF.gif でした。
こんな形F75C.gifの蛇口だったもので、
ついついビールかと笑
c0238060_15433342.jpg


菊池さんいわく、
こちらは飲み放題です!(笑)とのこと。
まぁ冗談ですけどねF7EE.gif

F6A7.gif以降には、瓶詰での販売も予定しているそうで、
地元大宮の、さいたまの土産品になればとのことですF65A.gif
また、今後、ビールの原料に、
さいたま産野菜や果物を使っていく予定だそうです!
そのために、農家消費者F651.gif架け橋F651.gifとして活動していく
ランドコーディネーターの資格を取得されたとか。
今から、どんな味のビールが出来上がるか
楽しみですねF7EE.gif

ランドコーディネーターとは、農産物の生産者と消費者をつなぐ
懸け橋として活動する方で、さいたま市独自の資格です。

ビール好きの「マルコ」にとって、
地元さいたまのクラフトビールF69C.gifを手土産に
友人、親戚宅F684.gifを訪問するF476.gifのは、鼻高々F3EE.gifF3EE.gif胸ハリハリF379.gif
ん~!楽しみF7EE.gifF7EE.gif

あっ!気になるお値段は、
F69C.gifアンバーエール、ゴールデンエールF69C.gifともに
1パイント(568ml)850円
ハーフパイント(290ml)550円です。※いずれも税抜き価格。

実は、「氷川の杜」は、
発泡酒にスピリッツを加えた「リキュール」に
分類されるとのこと。
「クラフトビールは高いとのイメージがあるため、
なるべく安くしたかった。でも、質は落とさないように」
と、菊池さん。
確かに、いただいた感想は、リキュールというより、
まさしくビールF69C.gifF69C.gifでしたF37E.gif

併設パブの営業時間は、
平日は、17:30~23:00
土曜日は、16:00~22:00
日曜日は、16:00~20:00で、
今のところ不定休での営業とのことです。
醸造やイベントにより、営業時間等の変更になる場合もあるそうですので、
お店のフェイスブックF75C.gifでご確認ください F65A.gif
http://ja-jp.facebook.com/hikawa.brewery

(マルコ)
 
by saitamacitypr | 2014-08-19 16:26 | おいしー | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧