2017年 04月 25日 ( 1 )

盆栽を楽しむには?

桜も散ってしまい、新緑がきれいな時季が近づいてきましたF6EC.gif
過ごしやすい時季になってきたなぁ(^^♪と思ったら、
4月なのに、2月並みに気温が下がったり、夏日になったりするなど、
気温の変動が激しかったですねF7BF.gif
さて、さいたま市内では、
27日~30日の4日間、
が開催されますF647.gif

でも、盆栽ってどうやって見ればいいんだろうF65B.gif
なんて思った私「ルロイ」。
調べてみましたので、お伝えしたいと思います(^_^)/F7EE.gif

F6CF.gifF6CF.gif全体を眺める
まずは、正面から眺めてみましょう。
c0238060_945352.jpg


盆栽は正面から鑑賞するように仕立てられています。
まずは正面から、盆栽の全体を眺めてみましょう。

から見るとF75C.gifF75C.gifのようになっています。
c0238060_945413.jpg

正面に向かって少し前かがみになって、手を広げているように見えるんですよF37E.gif

盆栽を鑑賞するときは、
盆器の中に凝縮された大自然の情景をイメージすることF3F1.gif
が大切だそうです。

なんだかちょっと難しそう…F48C.gif
いえいえ、自分が小さくなって、大木の下にいるつもりで、
盆栽をしゃがんで見上げてみましょうF7EE.gif
c0238060_945490.jpg
c0238060_945438.jpg

F6CF.gifF6CF.gif部分ごとに見る
盆栽を鑑賞するときは、盆栽全体の姿を見るだけではなく、
根、幹、枝、葉という各部分にも見どころがあります。

F6CF.gif根・根張り
c0238060_945497.jpg

歳月を重ねて盛り上がった根が、土をしっかりとつかむ姿には、
樹木の強い生命力が表れています。
あらゆる方向に根を伸ばす「八方根張り」が理想の一つとされます。

F6CF.gif幹(立ち上がり)
c0238060_945461.jpg

樹木を支える幹は、盆栽の見どころの一つです。
根元から最初の枝までの幹は、「立ち上がり」と呼ばれ、
ここから上に向かって伸び広がることで、
大木のような迫力を生み出します。

F6CF.gifジン(神)、シャリ(舎利)
c0238060_945462.jpg

歳月を経た松や真柏では、
幹や枝の一部が枯れて、そのままの形を残すことがあります。
こうした幹は白い肌を見せることで、
緑色の葉と美しいコントラストを生み出しますF37E.gif
枝先のものを「ジン(神)」、
幹の一部が枯れたものを「シャリ(舎利)」と呼びます。

F6CF.gif枝、葉
c0238060_945567.jpg

枝がバランスよく配置されていることが、
良い盆栽の条件のひとつです。
同じ樹種でも、葉にはそれぞれ個性がありますF37E.gif
また、花や実をつける雑木は、
季節の変化を楽しめますF3A1.gif

F65B.gif樹種F65B.gif雑木F65B.gifF65B.gifってなんだろうF65B.gifF65B.gifF65B.gif
盆栽の種類は、樹種により、
「松柏」と「雑木」の二つに分けられるそうです。

さらに、幹の数や向きなどの樹形により、
それぞれの名前が与えられています。
http://www.bonsai-art-museum.jp/about/trees/

盆栽を美しい姿に育てるためには、
樹の状態を見極めることが大切なんだそうです。
盆栽の美は、
人間の手技と樹木の命が対話をしながら作り出されているんですね。
http://www.bonsai-art-museum.jp/about/art/

盆栽の見方がわかると、より盆栽を楽しめそうですねF7EE.gifF7EE.gifF3DD.gif
(ルロイ)

by saitamacitypr | 2017-04-25 17:42 | 職員ノート | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧