人気ブログランキング |

世界最大規模の絵本原画展がうらわ美術館に!

こんにちは!「ちゃば」です156.png

最近、外出すると思考の大半が「暑い」174.pngになってしまっています(*_*)

暑い時間帯の外出を避けたり、日よけ対策をしたり、冷房を上手に利用したり…
暑さを避け、無理はせず、熱中症にならないように注意しましょう119.png173.png

さいたま市では、熱中症対策をまとめたページを公開しています。
ぜひ参考にしてみてください112.png162.png


また、さいたま市では、外出時に涼んでひと休みできる場所169.png
「まちのクールオアシス」して、
市の一部施設を開放しています。

「まちのクールオアシス」は
市役所や区役所、図書館・公民館など
全部で100か所以上あります165.png
使用できる施設や時間帯など、詳しくはリンク先をご覧ください。

さて、そんな暑さのなかでもやっぱりお出かけはしたい!122.png168.png
そんな方におすすめなのが、
屋内で楽しむ162.pngことができる博物館や美術館です171.png

さいたま市には博物館だけでも

市立博物館、浦和博物館、浦和くらしの博物館民家園、

旧坂東家住宅見沼くらしっく館

など8館の博物館

美術館では
市立の博物館や美術館が多くあります110.png179.png

県立や私立の博物館なども含めるとさらにたくさんありますよね!
というわけで暑い夏は博物館・美術館めぐりをしてみるのもいいかもしれません156.png169.png

ちょうどいま、うらわ美術館では、

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展

―BIBで出会う絵本のいま」

という展覧会を8月28日(水)まで開催しています。

c0238060_17002006.jpg
ポスターが目を惹きます!177.png


ところで皆さんは、

うらわ美術館が国内でも珍しい、

特色のある美術館!

ということをご存じでしたか?146.png

うらわ美術館では、地域ゆかりの作家の作品はもちろん、
「本をめぐるアート」をテーマに作品を収集・保存しています。

「本をめぐるアート」とは、本の装丁や挿絵、
本を使ったオブジェ、アーティストによって制作された本などなど168.png

本にまつわる美術作品や、美術において重要な役割をもつ本などのことです。

公立の美術館で「本をめぐるアート」をテーマに作品を本格的に収集しているのは、

国内でもうらわ美術館だけなのです!177.png

そんなうらわ美術館で働く学芸員さんのお仕事に懸ける想いを、
「市報さいたま」8月号で紹介しています。
うらわ美術館に興味を持ってくださった方は
こちらもぜひご覧になってみてください。
c0238060_17002021.jpg

さて、お話は「ブラティスラヴァ世界絵本原画展―BIBで出会う絵本のいま」
に戻ります!110.png

ブラティスラヴァは、スロヴァキア共和国の首都です。
今回の展覧会は、そのブラティスラヴァで2年に1度開催される

世界最大規模の絵本の原画のコンクール
(BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)

の受賞作品たちがさいたま市にやってくる!

という、すごい展覧会なのですよ~!151.png177.png


絵本というと、子ども向け?153.pngと思われがちですが……、
お子さんはもちろん、大人の方にもぜひ見ていただきたい展覧会になっています!!173.png
とにかく作品がかわいい!162.pngおしゃれ!173.png
お気に入りの絵本や作家さんがきっと見つかりますよ169.png


展覧会は3部構成です。

第1部は、2017年のBIB受賞作家の展示です。
c0238060_17002112.jpg
2017年のコンクールでは、世界各国から、各国の国内審査を経
2,657点の原画が集まり、日本の作家さんも受賞しています158.png

原画と一緒に絵本が展示されていて、
この絵本は、実際に手に取って見ることができます164.png113.png


第2部は、日本代表作家さんたちの作品が展示されています。
なんと、取材メモや下絵なども特別に公開しています151.png172.png
c0238060_17002199.jpg

絵本ってこういう風に作られているんだ!156.png と、
ふだん見ることのできない制作の過程がとても興味深いです179.png


第3部では、うらわ美術館をはじめとする、
今回の展覧会を企画した学芸員が注目した
中国・イラン・イスラエル・韓国の絵本作品
が展示されています。
c0238060_17002183.jpg

外国の絵本を見る機会ってなかなかないですよね157.png
国によってどんな特徴があるのか、という視点で見てみるもの面白そうです165.png



展覧会を鑑賞したあとは、自由に工作したり絵を描いたりできる
「創作コーナー」が、お子さんにもオススメです101.png
展覧会を見た後だと、創作意欲も高まりそう (^^)/
c0238060_17002160.jpg

また、展覧会期間中の火・金曜日の14時~14時半には、
図書館員やボランティアの方による絵本読み聞かせ会も開催していますよ124.png
c0238060_17002191.jpg


「ブラティスラヴァ世界絵本原画展

―BIBで出会う絵本のいま」

8月28日(水)まで。


開館時間は10時~17時(金・土曜日は20時まで)
月曜休館です。

入館料は、
一般…610円、大学生・高校生…410円、中学生以下は無料

暑い夏に涼みながら歴史を学んだり、美術作品を楽しめる博物館や美術館。
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか(^^)/169.png



(ちゃば)

by saitamacitypr | 2019-08-14 17:52 | 職員ノート | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧