2018年 10月 30日 ( 1 )

現代最高峰の盆栽家、その作品の世界に触れよう!

こんにちは!ぽんたです173.png

少し前から歯に痛みがあり、
ようやく先週歯医者に行ってきました。

痛み止めはもらっているものの、
時々すごい痛みがあります。
早めに歯医者に行っておけばよかった…145.png
皆さん、歯に少しでも痛みを感じたら早めに診てもらいましょう。

さて、そんなぽんたですが、
先週末北区にある大宮盆栽美術館に行ってきました。
c0238060_15195869.jpg

大宮盆栽美術館では、現在、
特別展「シリーズ・現代の盆栽家Ⅱ 木村正彦―あそびの領分―」
を開催しています。
c0238060_15195835.jpg

現代最高峰の盆栽家を紹介する特別展の第2弾。
昨年の竹山浩さんに続き、
今回は木村正彦さんの作品の数々を紹介しています。

盆栽といえば、
昨年さいたま市で開催した第8回世界盆栽大会inさいたま
世界各地から本当に多くの方がさいたまを訪れました。

その世界盆栽大会で、
日本を代表して記念デモンストレーションを行ったのが、
そう、木村正彦さんですF39E.gif

写真は実際にデモンストレーションを行っている木村さん。
c0238060_15195824.jpg
c0238060_15195848.jpg

世界各国から訪れた盆栽愛好家の方々も
真剣な表情で木村さんの実演を見つめていました。
c0238060_15195845.jpg

木村さんは盆栽のプロ作家展で最高賞を数多く受賞している方であり、
卓越した技術力から「奇跡の腕」とも評される世界的盆栽家です174.png

テレビにも出られることがあるので、
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

さて、美術館の中に入ってまず目に飛び込んできたのが、
この一位(イチイ)の盆栽です。
c0238060_15195967.jpg

皆さん、この盆栽どれくらいの大きさだと思いますか?
盆栽と聞くとそこまで大きくないイメージを持たれている方もいると思いますが、
実はこの盆栽、樹高100センチ、樹幅はなんと180センチにもなります。

「ぽんた」の身体よりずっと大きい…149.png

推定樹齢1000年にもなるこのイチイの盆栽。
そして、木村さん自ら「世界最高の素材」と讃える逸品。
その存在感に圧倒されること間違いなしです!

特別展では木村さんの代名詞とされる、
「真柏の石付き盆栽」も展示しています。

c0238060_15195962.jpg

皆さんがイメージされる盆栽は、
おそらく植木鉢に一本の木を植えた姿だと思います。

木村さんが創作するこの盆栽は、
中国の奇岩景勝地・黄山の絶壁に根付く樹木の姿を表現したもので、
一般的な盆栽とはその姿が全く異なります。

そして、木村さんがこの盆栽を作る際は、
なんと石を創り出すことから始まります。

c0238060_15195914.png

木を植える場所を第一に考え、
一塊の岩を割り、山形に掘り出す。

木村さんの創作盆栽は
販売を目的とせず、自ら「あそび」と称して、
長年作り続けています。
一度でも目にされるとこれまでの盆栽のイメージが、
ガラッと変わるかもしれません。

特別展の最後に登場するのが、この真柏「登龍の舞」

c0238060_15195996.jpg

内閣総理大臣賞を受賞し、
当時の竹下登首相が自身の名前「登」より名付けた作品です。
名前のとおり、まさに龍が昇天するような姿、
多くの方が足を止めてただただ見入っていました。

c0238060_15195823.png

※期間により展示される作品が異なるのでご注意ください。
真柏「登龍の舞」は「~10/31」と「11/9~11/14」に展示されます。

木村正彦さんの作品の世界が楽しめる特別展は、
11月21日(水)まで開催しています。
詳細は大宮盆栽美術館のホームページでご覧になれますので、
ぜひチェックしてみてください。
F75C.gifF75C.gifF75C.gif


さいたま市を代表する伝統文化である盆栽
その現代最高峰の作品を一度に見られるチャンスです。
この機会にぜひ!

また、美術館では特別展だけでなく、
常設の数多くの盆栽もご覧いただけます。
さまざまな角度から盆栽を眺め、
じっくり盆栽の世界を楽しんでくださいね。
c0238060_15200245.jpg

最後に、ニュースレター「ジンシャリ」のご案内です。
「ジンシャリ」は大宮盆栽美術館が3か月に一度発行していて、
展覧会やイベントのインフォメーションなど、
大宮盆栽美術館の最新ニュースがご覧いただけます。

そして、今月号の表紙には木村正彦さん。
初めに紹介したイチイの超大型盆栽に手をかけているお姿です。
c0238060_15200491.png

これまでに28回発行している「ジンシャリ」
全てのバックナンバーをホームページで掲載していますので、
こちらもぜひご覧くださいね 169.png

(ぽんた)

by saitamacitypr | 2018-10-30 17:33 | 職員ノート | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧