カテゴリ:まちの話題( 220 )

9月16日〜22日はカーフリーデー♪

こんにちは。
「カフェF382.gif」と聞くと、うずうずして
メニューをチェックせずにはいられない「めんめん」です。

今回はそんな私にとって嬉しい話題。

今週末の9月22日(祝)と23日(日)、
大宮駅西口周辺がオープンカフェに!

道路が通行止めになり、
普段は車F68A.gifF6CD.gifが走っている広い空間で
ちょっぴり非日常的な気分を味わいながら、
のびのびと食べたりF6A9.gif、歩いたりF476.gifすることができます。

c0238060_10135214.jpg

c0238060_1435680.jpg

なぜこの時期に、このイベントがあるのかというと、
毎年9月16日から22日が「ヨーロッパモビリティーウィーク&カーフリーデー」だからF64E.gif

これは、「車の使い方」を見直そうという世界的F7D0.gifなプロジェクトで、
2011年には、なんと世界各国の2,268都市が参加していますF39E.gif

そしてこのプロジェクトに、横浜市や仙台市などの国内7都市とともに
さいたま市も参加しているというわけF485.gif

c0238060_10135315.jpg

c0238060_10135321.jpg


22日(祝)はオープンカフェのほかにも、
フリーマーケットやクイズラリー、
電動アシスト自転車F687.gifの試乗などが体験できます。
あとは駅長服の試着・・・これはお子様向けということなので、
残念だけど私には着られないかなぁF7CE.gif

リンク:さいたまカーフリーデー2012を開催します

c0238060_10135385.jpg


カーフリーデー等についてもっと詳しく知りたい!という方は、こちら。
リンク:ヨーロッパモビリティーウィーク&カーフリーデー日本公式サイト


ちなみに、このサイトでは毎年
「ヨーロッパモビリティーウィーク&カーフリーデー日本アワード」を開催して
いるのですが、さいたま市は昨年、まちづくり貢献賞を受賞しました!
市役所8階の都市交通課の前には
これまでに受賞F647.gifした数々の賞状が飾られています。

c0238060_14331556.jpg


ではでは、
大宮駅近くを通る予定の方は、ぜひイベントに寄ってみてくださいね。
私も明日は大宮駅に行く用事があるので、
ぷらっとのぞいてみようと思います。

参加するのが難しい方も、
この週末はマイカーF68A.gifを控えて、自転車F687.gifや公共交通機関F68E.gifを利用する
きっかけにしていただけたら嬉しいです。

週末、さわやかな秋晴れF666.gifとなりますように。
(めんめん)

by saitamacitypr | 2012-09-21 15:21 | まちの話題 | Comments(0)

菩薩の坂と合体神社 〜 坂めぐり その三

武蔵浦和駅から中央郵便局の前を通って、
南浦和駅方面へ向かう道(曲本さいたま線)の途中、
国道17号線をこえてほどなくして、医王寺前の5差路があります。
そこを南に折れ(武蔵浦和駅を背に右折)、300メートル足らずで
道端にお地蔵様がいらっしゃいます。
左側の高台から、ちょうどそこへ降りてくる坂が地蔵坂。

c0238060_15225587.jpg

坂道の半ばに、表示板もしっかり残っています。
(以下小声で)が、とくに目立つような坂ではありません。(ヒソヒソ)

c0238060_15225540.jpg

c0238060_15225573.jpg


地蔵坂をあっけなく発見し、というよりお地蔵様がわかりやすくて、
きれいな表示板まで写真F6EE.gifに収めたので、足取りも軽くそのまま南下します。
このあたりは、台地のへりをたどるように道が走っていて、
道の右側は平地ですが、左側は傾斜地です。
武蔵野線の下をくぐって、これもほどなくして、
ゆるやかに湾曲する坂道を発見。その名も観音坂といいます。

c0238060_15225529.jpg

坂の名の由来は、坂を下った先に観音堂があるためですが、
坂道がすでに尽きた先のことなので、実感が薄い。
坂道の上のほうに表示板がちゃんとありました。
父と娘が自転車F687.gifを押しながら登ってきました。
地蔵といい、観音といい、どちらも菩薩様ですが、
坂道の風情としては現代的です。

c0238060_15225580.jpg


さてさて、本日はあっけなく2坂収穫。「記事が長い」と口さがない
スズメ達に陰口をたたかれているワタクシとしては、
さっさと業務終了したいところですが、いえ、ほんとですって。
少しだけ余談。(笑)

地蔵坂の手前の道沿いに、見るからに鬱蒼とした木立F487.gifがあります。
道から見上げると、その木立の群れが明らかに異質な空間として
感じられます。

c0238060_15225582.jpg


道沿いの看板には「睦神社 社叢」(むつみじんじゃ しゃそう)とあり、
市指定文化財です。能書きを読んでみましょう。

c0238060_15225577.jpg


市指定天然記念物
睦神社社叢
昭和四十七年七月十九日指定
所有者 睦神社

この睦神社は、大宮台地の南縁の舌状台地上にあり、
境内にはシロダモ、ヤブツバキ、ビナンカズラ、キチジョウ
ソウなどの暖地性植物が多く自生しています。これは、この
台地の縁辺にかつて太平洋の暖流が打ち寄せており、この
地一帯に暖地性常緑広葉樹が繁茂していたことの名残の
ものです。
この地の古い植生を伝える社叢として、保存価値の高い
ものです。
昭和五十七年一月 浦和市教育委員会



「叢」とは草木が群生している様ですから、
社叢とは、いわゆる「鎮守のもり」でしょうか。
睦神社のもりには、暖かい土地に育つ植物F487.gifが生えていて、
それは海岸線がこのあたりまで侵食していた時代の名残
であると述べています。

ふむふむ、なるほど周囲とは異質な景観だったわけがわかりました。
が、しかし、このあたりが海岸線だった頃とは、いつのことだ。

海岸線がさいたま市あたりまで内陸化した最も新しい時代は、
このあたりに貝塚F3C0.gifが作られた時期かしら。
とすれば、縄文時代の前期、縄文海進とよばれる海岸線の後退があり、
今から6千年前がピーク。
縄文杉より長生き。
ということではなく、世代交代を繰り返して、何千年間も
暖地性樹木の末裔が生き続けたということでしょうね。

傾斜の急な歪んだ石段が、途中でなんと交差点になっています。
地図にも交差して載っています。
登りきると、境内にはいくつもの社殿が寄り合っていました。


c0238060_152255100.jpg


ところで、その睦神社。聞いたことのない神社名ですが、調べてみると
「古くは富士社といったが、明治四十年、別所の稲荷社、辻の熊野社、
文蔵の神明社、白幡の諏訪社、八幡社などを合祀し、同四十四年さらに
数社を合祀し、睦神社と改称した。」(『わがまち浦和』)

神様の雑居状態で、それで仲良く過ごせとばかりに
「むつみ」ですか。マサカネ。

別所から転居してきた稲荷様でしょうか、境内には
狛犬のかわりに狐F6BA.gifが守る社もあります。かわいらしい小狐付き。


c0238060_15225574.jpg


稲荷様も熊野様も諏訪様も八幡様も「合体」してしまおう
というのだから、乱暴な話ですが、これは明治期の国策。
国中にあふれる八百万の神様は、整理・合祀され大幅に減りました。
あげく、「稲八金天神社」なるものまで生まれました。
稲荷神社、八幡宮、金比羅神社、天満宮の合体神社です。

むつみ神社も、もとの神様の頭文字を集めたら、
奇天烈な社名になりますが、合祀した神様が多すぎて、
寿限無(じゅげむ)状態になってしまうため、
単に「むつみ」としたのかもしれません。
なお、稲八金天神社は「いなはちこんてん神社」と読みます。

ああ、今日も長々書いてしまったなあ。
(ひげG)

<地蔵坂・観音坂付近地図>c0238060_15225689.jpg

by saitamacitypr | 2012-09-05 16:34 | まちの話題 | Comments(0)

見沼たんぼで座って、得たもの。

最近、朝夕は涼しく、風が吹くと気持ちいいくらいF3A1.gif

こんにちは。マルコです。

まだまだ、週末は出不精で、昼は外出する気になれないですがF7CE.gif
ここ最近は、夕方なら散歩がてら出てもいいかなと。

先日も、涼しくなった夕刻に、近くの見沼代用水沿いを子どもと一緒に歩いてきました。
代用水を挟んだ住宅街の反対側に、見沼たんぼが広がる自然豊かな環境は、
絶好の散歩、ランニングコースのようですF476.gif
バイバイができるようになった我が子がすれ違う人、誰彼構わずに、手を振っていました。

そんな、我が子を傍目に、自然観察。
すると、色々な自然が目に入ってきます。
代用水沿いには、鮮やかなオレンジに咲くカンゾウF44D.gif

c0238060_9425054.jpg

おぉF65A.gifキレイっF663.gif

代用水では、スイスイ泳ぐカルガモF6B9.gifの親子。

c0238060_9425057.jpg

大家族ですなっF65A.gif

代用水の反対側には、散歩の休憩に最適なベンチ。

c0238060_9425015.jpg

c0238060_9425021.jpg

すばらし...んF65B.gifベンチF65B.gif
なぜ、ココにF65B.gif

疑問を抱えたまま、とりあえず、ヨッと腰掛けて、一休みF6CD.gif
すると・・・あらステキF64E.gif夕暮れ時に見渡す、見沼田んぼ。

c0238060_9425192.jpg

のどかだ(*⌒ー⌒*) ふと視線を右にずらすと、我が子がアリさんF6B6.gifにバイバイしている。
な、なごむF6CD.gif これが、のびのびシティかっF64E.gif

と、そんな我が子に話しかけながら1組のご夫婦が着席。
なんでも、散歩がてら良くベンチを利用するようです。
子どもの相手をしてもらい、ほのぼのとした時間を味わえました(σ≧∀≦)σ
ベンチの設置理由はよくわからないが、いつもと違う視線が、
いつもとは違う時間をくれたようで。ありがとうF660.gif


とは言うものの、気になるベンチの設置理由。
調べてみると、これは「しあわせ倍増プラン2009」
位置づけられている「見沼田んぼで市民が憩える場所づくりプロジェクト」事業で、
設置された休憩施設でした。し、知らなかったF7CE.gif

現在では、見沼代用水東縁に1箇所、
西縁に3箇所設置されています。
しかも、これは市民の方にいろいろな提案をしてもらえるようワークショップを開催し、
市民協働で設置したものなんです。

ワークショップでは、整備候補地の選定から始め、
フィールドワークや具体的な整備内容をイラストにより提案していただいたりと、
内容の濃い検討がされていました。

しかも、今年度にもう1箇所の整備が予定されています(≧з≦)b

見沼代用水東縁【見沼区加田屋】※さいたま市WEBサイト


見沼代用水西縁【緑区大道、グリーンヒル浦和前、馬場東】※見沼たんぼのホームページ


我が市を自画自賛するのも照れますが、
ステキな取り組みだと思いますF3F1.gif
何を隠そう私が入庁時からコッソリ抱いている野望は、
この市をベンチ溢れる市にしたいということだったのです( ̄― ̄+)ニヤっ

人がそこに集まる。
これこそ、顔を向き合わせた対話の始まりではないでしょうか。
時代劇でよく見る、旅路の途中に団子屋で一服している風景。
そこに、生まれるのは、旅人同士のフォレストガンプ、もとい一期一会F3F1.gif
うっかりハチベイはいなくとも、和んでいます。

顔の見えない友人とつながる便利な世の中ですが、
たまたま一緒になった人との会話も、
新たな発見が生まれるきっかけになるんじゃないかと思います。
いつもと違う目線で、いつもと違う時間を、いつもと違う人と共有する。むっちゃステキやん。

これからも、子どもとの散歩や夫婦喧嘩のあとの反省タイムにと、
このベンチを利用したいと思います。
皆さんも、散歩、ランニングの途中で一休みしてみてはいかがですかF485.gif

(マルコ)

by saitamacitypr | 2012-09-03 13:10 | まちの話題 | Comments(0)

浦和駅、あとちょっとで完成!

こんにちは、「めんめん」ですF48A.gif

現在工事中の浦和駅。

c0238060_1382913.jpg

北区に住む私のおばあちゃん(80才)は、しばらく前に
「浦和駅が迷路のようになっちゃって、伊勢丹に行けないF394.gif
となげいていました。

浦和駅の工事は、駅の西口と東口を行き来しやすくするため、
そして、湘南新宿ラインF68E.gifを浦和駅に停車させるために行っています。
平成11年度から、なんと10年以上も工事しているんです!

リンク:浦和駅周辺鉄道高架化事業の概要


工事の期間は平成24年度まで。
つまり、この長かった工事もついに今年度終わりますF647.gif

現在もまだまだ工事中ではありますが、
8月5日からは迷路状態が解消されて、わかりやすくなりましたF7EE.gif
c0238060_1741755.jpg


改札口から西口までの距離が、約50メートル短くなりましたF48B.gif
朝のラッシュ時は細い通路が人でいっぱいになっていたので、
これで3分F7B1.gifくらい違うかも!?


ちなみに、これまでの工事の様子は、鉄道高架整備課が
さいたま市公式ホームページ「浦和駅高架化工事の施行順序」で詳しく掲載しています。

ここでちょっとだけ紹介させていただくと・・・。


<新しく架け替えられる桁(ゲタ)>

c0238060_1741757.jpg

重さは約54トン!

そのままでは運搬F68B.gifしてこられないため、
分割されたものを現場で組み立てます。
平成23年3月6日の宇都宮線、高崎線下り線の架け替え時には
550トンクレーンで吊り上げたとか!


<線路移設区間では、線路を人力で移動>

c0238060_1741765.jpg

じ・・・人力!?F39E.gifF7CE.gif
機械でガガーッって一気に作業しちゃうんじゃなくて??


<既存のレールや枕木を撤去>

c0238060_1741734.jpg

真夜中F3C5.gifに、たくさんの人が手作業しているようです。


工事完了後は、新しい線路を試運転列車F68E.gifが走ります。

c0238060_14542478.jpg

他にも、騒音抑制のために、
ロングレールを使用して継ぎ目を少なくしたり、
「消音バラスト」という吸音性の高いバラスト(砂利)を撒いたり
という工夫もされているそうです。

いやはや、大変な工事なんですねF7CE.gif

まちどおしいF37E.gif完成のイメージ図F37E.gifはこちら。

c0238060_1741793.jpg


JR東日本では、平成26年度までに、
西口に「アトレ」という駅ビルを建設する構想もあるようです。
なんだか昔の浦和駅の姿が思い出せなくなっちゃいそうです。
(めんめん)

「イルミネーション特集」&「続・浦和駅、あとちょっとで完成!」
by saitamacitypr | 2012-08-29 15:03 | まちの話題 | Comments(0)

ゆるキャラ電車運行!

こんにちは。
移動は車より電車派の「めんめん」です。

ある日私が埼玉高速鉄道(SR)に乗ったら、そこには・・・F39E.gif

c0238060_14223512.jpg

ご存知、さいたま市PRキャラクター「つなが竜ヌゥ」と、
埼玉県のマスコット「コバトン」F65A.gif

電車の中でキャラクターに会えたら、
テンションがあがっちゃいますよねF3EE.gifF3EE.gif

じつはこれ、埼玉高速鉄道(SR)が7月から行っている
「もうすぐ3億人&達成感謝キャンペーン」の一環。
「ゆるキャラ電車F68E.gif」という企画で、8月25日に運行します。

ゆるキャラ電車は7月にも運行しました。
その時の様子をご紹介しますF6EE.gif F651.gif



まずは浦和美園駅。
ヌゥとコバトン、駅で待ち合わせ。

c0238060_1415262.jpg

ホームに下りて・・・。
これから電車に乗ります。

c0238060_14152667.jpg

そして浦和美園駅から川口元郷駅へ、しゅっぱーつF65A.gif

電車の中では大人気F3A1.gif

c0238060_14152673.jpg

コバトンは、女の子からハグF7CC.gifされちゃいました。

c0238060_14225583.jpg

川口元郷駅で利用者の方と写真撮影。
そしてまた電車に乗り、
今度は川口元郷駅から浦和美園駅へ戻ってきます。

そして最後に、駅員さんとも記念の一枚F6EE.gif F651.gif
コバトンは敬礼しているのかな??

c0238060_14152626.jpg

ヌゥもコバトンも、お疲れさま。

今週末の運行日時は
8月25日(土)14時00分〜16時00分です。

ヌゥとコバトンに加えて、
今回は川口市マスコット 『きゅぽらん』も登場しますF65A.gif
ぜひ会いに来てくださいね F7EE.gif

行程(乗車時刻表等)等の詳細は、
後日、埼玉高速鉄道HPさいたま市HPに掲載される予定です。
(めんめん)

by saitamacitypr | 2012-08-20 16:21 | まちの話題 | Comments(0)

なだらかな起伏美し木遣坂〜坂めぐり その二

今回は木遣坂(きやりざか)をたずねます。

例によって便利なアンチョコ『わがまち浦和』から引用。
「昭和五十九年の坂道愛称募集で命名された。近くで市指定無形文化財である
木遣歌がうたいつがれているため「木遣坂」と名づけられた。」

その「木遣歌」(きやりうた)とは、市の公式ホームページによると、
「木遣歌は、木材など(を)大勢で運搬する時の掛声から生じた作業歌で、
江戸時代に鳶職の芸能として発展しました。」
とあります。

白幡一丁目に居住する鳶職(とびしょく)の方が、浦和木遣保存会をつくり、
江戸木遣の流れをつぐ当地の木遣歌の保存につとめた、
という経緯があり、そのゆかりで木遣坂となったようです。

近所に歌いつがれている労働歌にちなんで坂の名とするとは
昔のひとはなかなか風流なものですね。

この木遣歌、今でも消防の出初式(でぞめしき)や浦和まつりなどで
聞くことができるそうですが、実際どんな歌なのか一度聞いてみたいものです。

さて、坂道めぐりに戻ります。

実はこの木遣坂、前回の曲坂(かねざか)からごく近いところにあります。
曲坂は、市を南北に走る国道17号線のすぐ西側に位置し、
木遣坂は、国道17号線をはさんで反対側にあります。

まずは、国道17号線近くの白幡沼を目指しましょう。
住宅地に囲まれて、ぽっかりと水面が開けています。

c0238060_15382739.jpg

南区内では数少ない貴重な水面ですが、水量が少なく、いささか残念。
でも、池をめぐる遊歩道はよく整備されていて快適でした。
が、この池にはカッパがいたのです。

c0238060_956084.jpg

沼のほとりに立つ看板です。
「遊ぶな危険」という看板ですが、それにしても、この人相、
いや、カッパ相が悪い。

というのは現代の話ですが、大昔、このあたりにはカッパではなく
巨人がいました。その人が大雨の日に足を滑らせて手をついた。
その手の跡に水がたまって沼となり、
かつては「拳ヶ池」(こぶしがいけ)とも言われた、そうな。

東日本の各地に、こうした巨人伝説が残っていますね。
ダイダラボッチ、ダーダラボッチ、ダイダラ坊などに類する名前の巨人が
あちこちに出没して、沼や山の形成に一役買ったことになっています。
窪地は、彼または彼女の足跡からできることが多いのですが、
白幡沼は手の跡でした。

んん? ダイダラの窪地? どこかで聞き覚えがあるような。
太田窪?(だいたくぼ)……(苦笑)

読者諸賢ヨ、笑フ勿レ。
ちと無理があるよなあ、と思うでしょうが、
『浦和市史 民俗編』という分厚い本にちゃんと出ています。

(さいたま市内の)「太田窪という地名は、
戦国時代の文書、記録にすでに見られ、
非常に古い地名であることが知られる。
読み方もはじめから「だいたくぼ」である。
その地名のいわれは今に伝えていないが、
巨人伝説ダイタ坊(ダーダラボッチ)に由来する
と思われる。」(793ページ)

どうです。
そう、太古の昔さいたまは、巨人の国。

さて、現代に戻って、
白幡沼の遊歩道を北に抜けると、岸町小学校の正面に出ます。
そこを右折すると登坂になり、登りきったところが浦和商業高校の正門。
今回の目的地、木遣坂は、その正門から北に向かって下って登る道です。

この坂はゆるやかな曲線を描いて、うねっています。
遠くまで見通せて、自転車で滑り降りたいような坂道です。
気持ちのいい風が吹いていました。

c0238060_1538271.jpg

さて、坂道の名称表示板は残っているでしょうか。
ちょうどこの坂の底の部分にありました。

c0238060_15382776.jpg

カメラは水平に構えています。
が、地面は右側に登っています。
また、表示板の支柱は、ふんぞり返っています。
しかし、後ろの建物は正しく垂直に立っています。

昭和59年に立てられた標識で、築28年。
よく残っているというべきでしょうか。
ちなみに、後ろの建物は関東農政局さいたま庁舎です。

これで坂めぐりは21分の2が終わりました。
以下余談。

これ以上坂道を増やす気はないのですが、
ここに来る途中登ってきた坂道がなんともいい感じでした。
繰り返しになりますが、岸町小学校の前から浦和商業高校正門前までの坂道。

この坂も、下って登る道で、向こう側を登りきると
国道17号線にぶつかり、別所坂下交差点になります。

浦商正門から見比べると、さきほどの木遣坂は
幅広い道がゆるやかにうねり、その曲線が美しい。

一方、こちらの坂は道幅が狭く、直滑降のようにまっすぐに落ちて、
その勢いのまま、まっすぐに登るように見えます。

c0238060_15382746.jpg


自転車を押して登ってくる人が似合う坂でした。
昔は行商のひとを泣かせた坂か。
わたしは、ひそかにこの坂を浦商坂と名づけました。
(写真の奥が国道17号線方面。)

c0238060_15382742.jpg
Yahoo! JAPANの地図を拝借しました。
(ひげG)

by saitamacitypr | 2012-08-10 09:56 | まちの話題 | Comments(0)

暑中見舞〜さいたまで涼を感じる〜

c0238060_1332774.jpg


暑中お見舞い申し上げますF3F1.gif
今年も暑い毎日が続いていますが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうかF3F0.gif
私エコっちは、絶賛夏バテ042.gif真っ最中です!

さて、今回は広報課ブログの暑中見舞ということで、
夏本番のこの時期を、少しでも涼しく、そして楽しく003.gif乗り越える過ごし方をご紹介したいと思います017.gif

連日気温が30度を越える毎日058.gifで、
休みの日もつい部屋F684.gifの中でダラダラと過ごしがちですが、
何もしないで家にいるだけの日が続くというのもいかがなものですかね・・・。

そこで、市内で涼を感じることができる水遊び場やクールスポットを紹介します F3F1.gif
皆さんもたまには、外で涼んでみませんかF65B.gif
家庭で使う電力も抑えられて、賢い節電にもなりますよ037.gif
(エコっち的には是非取り組んで欲しい017.gif!)
子どもが産まれたエコっちとしては、小さい子どもと一緒に遊ぶことができるジャブジャブ池がないかと気になっていたのですが、

調べてみると市内にもあるんです、ジャブジャブ池。

c0238060_13343326.jpg

↑写真は大宮配水場(大宮区桜木町)にある「水とやすらぎの広場」


市内公園や、一部の水道施設にジャブジャブ池や水遊びのできる噴水などが併設されていますF65A.gif
市のHPにまとめていますので参考にしてみてはいかがでしょうか?
くわしくは、こちら「さいたま市の水遊びスポット」
ちなみに、今月発行の市報さいたま8月号の29ページでも紹介しています!

さらに、もっと本格的にF3F0.gif 水遊びを楽しみたいという方はこちらがオススメF48B.gif
8月10日(金)〜12日(日)開催「水かけまつり&ワールドフェスタ」

c0238060_1339619.jpg

↑写真は以前開催の様子

くわしくは、こちら「水かけまつり&ワールドフェスタ」

こちらは、大きなバズーカのような水鉄砲を用意する子どももいるくらい本格的に行われます。
世界各国の商品や料理が並ぶワールドマーケット&屋台も同時開催されます!
これは行くっきゃないF3DD.gif

ところで皆さんは「クールシェア」という言葉をご存知ですかF65B.gif

突然ですが、
ここでさいたま市のメルマガ055.gif「知っ得!さいたま」の人気コーナーが復活034.gif


「エコっちの豆エココーナー 特別編『〜クールシェアとは〜』」


夏の暑い日、家の電気の半分以上をエアコンで消費しています。
そこでひとり一台のエアコンをやめ、涼しい場所をみんなで過ごそうというのが「クールシェア」です。図書館や美術館などの公共的施設のほか、地元のお店や企業などの協力で、暑さを忘れて過ごせる場所に集まったり、自然が多くて涼しい場所(クールスポット)に行ったり、家のエアコンを止め、みんなで催しや活動に参加するのも「クールシェア」です。
(環境省「『クールシェア』とは」より一部引用)

ルマガのバックナンバー&登録はこちらから

もちろん、市内にもクールシェアができるスポットがありますF65A.gif

「さいたま市内のクールスポット(外部リンク)」へ
↑こちらは埼玉県内のクールスポット100選をまとめたサイトで、この中で、さいたま市内のクールスポットも紹介されています。

c0238060_13494781.jpg

↑市内のクールスポットにも指定されている大宮花の丘農林公苑(西区西新井)

水遊び場もあります。



さらに、市内の博物館・美術館で文化・芸術に触れながら、静かに涼むのはいかがでしょうか?
「さいたま市の博物館」へ
夏休みの特別企画もありますよF65A.gif
水遊びや騒がしいのはちょっと…という方には自然の中や文化施設等で、ゆっくり静かな時間を過ごすのもいいかもしれませんね。

最後になりますが、皆さん体調には充分ご留意ください。
無理をしての外出は厳禁ですF65A.gif
この時期要注意の…
熱中症については
こちら「熱中症に注意しましょう」

光化学スモッグについては
こちら「光化学スモッグにご注意を!」

以上、広報課ブログの暑中見舞でしたF65A.gif



平成24年 盛夏




追伸

今日8月1日は、大宮夏まつり「スパークカーニバル」
明日2日は、大宮夏まつり「中山道まつり」が開催されます!
我々広報課職員も取材F6EE.gifでおじゃまします!
参加する皆さん、盛り上がっていきましょうF48B.gif F48B.gif

(夏が大好き、暑さは苦手。エコっち)

by saitamacitypr | 2012-08-01 13:13 | まちの話題 | Comments(0)

埼玉高速鉄道「もうすぐ3億人&達成感謝キャンペーン」車両洗浄体験

こんにちは。

先日、ある体験をして
子どものように大興奮F395.gifしてしまった「めんめん」です。

その体験とは・・・車両洗浄体験 F37E.gif

文字だけだと、何のことだか
イメージしづらいかもしれませんねF7CE.gif

車両とは、電車F68E.gifの車両のこと。

埼玉高速鉄道株式会社の企画で、
洗浄機が車両を洗っている様子を間近で見るのではなく、
なんと、車両に乗ったまま体験できる、
というものですF65A.gif


まず向かったのは、
埼玉高速鉄道(SR)の浦和美園駅。

c0238060_16372347.jpg


浦和美園駅は終点のため、
普段はここから先に乗客を乗せて行くことはありません。

c0238060_1637237.jpg


「車両洗浄機」があるのは浦和美園駅のさらに先。

c0238060_16372340.jpg


「臨時」の電車F68E.gifに乗り込んで・・・。

c0238060_16372359.jpg

ゆっくり歩く F476.gifくらいのスピードで進む電車。

すると突然、緑の物体がF39E.gif

c0238060_16372366.jpg

水を拭きつけ、回転する緑のブラシでゴシゴシ。

c0238060_16372312.jpg

c0238060_16372425.jpg

車内だとわかりませんが、
外からだとこのようになっています。

c0238060_16372450.jpg

6両編成120メートルの車両が
時速5キロで進んでいきます。

車両洗浄機を通った後は、
窓もぴっかぴかF37E.gif

c0238060_16372437.jpg

なんと、1回の洗浄で1トンの水を使うのだとかF39E.gif
そしてこの大量の水、使った後は水槽に集めてきれいにし、
洗浄に再利用しているそうです。エコF7D0.gif ですねF7EE.gif

埼玉高速鉄道(SR)は、
平成13年3月28日に埼玉県初の地下鉄F68E.gifとして開業。
まもなく利用者の累計が3億人を迎えます F647.gif

現在、埼玉高速鉄道株式会社では
沿線の方々や利用者の方々に感謝の意を表すため、
「3億人感謝キャンペーン」を実施中F65A.gif

c0238060_16465430.jpg

キャンペーンの一環として、
車両洗浄体験の参加者を募集しています。

体験できる日は8月25日(土)、募集期間は8月6日(月)までです。
応募方法など、詳しくはリンクをご覧ください。
洗浄体験以外のキャンペーンも載っていますF65A.gif

リンク:「埼玉高速鉄道 もうすぐ3億人&達成感謝キャンペーン」が実施されます。〔平成24年7月13日(金)〜10月14日(日)〕


さらに、同社では地域貢献活動の一環として、
小学生F3BA.gif向けに「駅・車両基地」見学会を準備中F65A.gif
この中でも車両洗浄体験が予定されています。
こちらも楽しみですねF7EE.gif
(めんめん)

by saitamacitypr | 2012-07-31 09:04 | まちの話題 | Comments(0)

曲がっていない曲坂〜坂めぐり その一

今年4月23日付のこのブログの記事(題「坂のまち」)で、
かつて旧浦和市が坂道の愛称を募集したことを紹介しました。
今回はその続編です。

まず、その折、愛称の決まった坂は以下の21か所。

(1)焼米坂 やきごめざか
(2)観音坂 かんのんざか
(3)地蔵坂 じぞうざか
(4)曲坂 かねざか
(5)富士見坂 ふじみざか
(6)沼の上坂 ぬまのうえざか
(7)馬坂 うまさか
(8)不動坂 ふどうざか
(9)貝殻坂 かいがらざか
(10)天久保坂 あまくぼざか
(11)富士見小坂 ふじみこざか
(12)日向坂 ひなたざか
(13)社坂 やしろざか
(14)木遣坂 きやりざか
(15)神明坂 しんめいざか
(16)一ツ木坂 ひとつぎざか
(17)庚申坂 こうしんざか
(18)桜坂 さくらざか
(19)朝日坂 あさひざか
(20)北宿坂 きたじゅくざか
(21)西高坂 にしこうざか

坂は「ざか」と濁るけれど、馬坂だけは清音です。
なかなか芸がこまかいですね。ウマザカよりウマサカのほうが断然いい。

それはさておき、坂道命名のいきさつを調べているうちに
「坂道散歩」というブログを発見しました。
どなたのブログなのかわかりませんでしたが(著者不明)、
その中に「さいたま市の坂」という記事(2006年4月1日付)がありました。


この著者のかたは、全国の坂道をめぐっていて、
ここで話題にしている二十一の坂も紹介されています。

それならば改めて記事を書く必要もないとは思いましたが、
本市にかかわることなので、本市のブログの中に再録しておく意味も
あろうかと思い直し、2012年現在の状況を報告します。

「坂道散歩」の著者のかたには、わざわざ本市の坂を取り上げていただき、
この場をお借りしてお礼を申し上げます。


さて、坂道の愛称募集は、昭和54年と同59年のことです。
かれこれ30年ほど前の話。今どうなっているかしら。
二十一坂の先頭を切って、「曲坂」をたずねました。
(わたしのねぐらから近いだけなんですが。)

「曲坂」と書いて「かねざか」。
曲をカネと読むのは「曲尺」(かねじゃく)、つまり大工さんが使う直角の物差しです。

物の本によれば
「曲尺に似ているところからこの名がある。
昭和五十四年の坂道愛称募集で命名された。」
とあります。
(『わがまち浦和 地域別案内(改訂版)』
浦和市総務部行政資料室による編集。平成四年発行)
ちなみに、この本は昔の浦和を知るにはかっこうの資料です。
市の情報公開コーナーで閲覧できます。

市役所内の関係部署から昔々の坂道リストをゲットしてあったので、
そこに記された住所をたよりに坂探しに出かけました。
ところが、リストの住所表記は「浦和市」時代のもの。
なるほど合併前のことです。まあ、行けないことはあるまい。

件(くだん)の坂道の名称表示板を設置した場所は、別所2丁目8番7号。
国道17号線のすぐ西側を平行して走る裏道のような道路です。
わかりやすい。とっかかりとしては最高!

現地は長い坂道でした。何の問題もありません。
簡単である。幸先よろし。
と思いましたが、はて、曲坂というのに曲がっていません。
リストに書かれた住所に坂道の表示板もない。
平成7年に設置されたものなので、消滅してしまったかな。

<別所2-8-7付近のまっすぐな坂>
c0238060_121294.jpg

もう一度『わがまち浦和』に戻りましょう。
「別所小学校の南にある坂」と書いてある。
写真の坂道は小学校の西側になります。

ありました。別所小学校の校庭のすぐ南側を
西から東の方向、つまり国道17号のほうへ下る坂道が。
しかも、坂の途中でT字に分かれ、その枝道が南に下っている。
もしかして、これですか?

<T字坂道>
c0238060_1215177.jpg

写真の正面が曲尺の直角部。
左側が下り道、正面奥が登り。

<T字路から坂の下をのぞむ>
c0238060_1221633.jpg

直角部から下り坂方面をみると、下りきったところは武蔵浦和駅近く。

<T字路から坂の上をのぞむ>
c0238060_1222463.jpg

直角部から下り坂方面をみると、右側が真福寺境内。
その先に別所小学校があります。道の左側は墓地。


もう一度整理しましょう。
わかりやすくするために、坂道のふもと側から記述します。

武蔵浦和駅にほど近い、国道17号線の別所坂下交差点を西に入り、
すぐのところに北に上っていく細い坂道があります。

これが曲尺の最初の直線部分。
ここを登っていくと、真福寺にぶつかりT字路。
そこを左に折れてもなお坂道が続き、別所小学校の南側に出ます。
これが曲尺の直角後の部分です。

ということは、曲坂の表示板は間違ったところに設置されていたか、
あるいは、リストの記載が間違っていたか、
のどちらかということになります。
まあ、どっちにせよ、表示板が消滅していたので実害なし。

それにしても、曲坂はその名の通り、曲尺型をしていますが、
コウイッチャナンダケド、拍子抜けするほどのつつましい坂です。
昔は重要なルートだったのかもしれませんね。
ただし、今となっては名前を持つこと自体、不思議な感じがします。
逆に言えば、曲尺の坂という名を冠したおかげで、
今となってはどうということもない坂道が、改めて意識されることになりました。
名前とはそういう働きがあるんですね。納得しました。

かくして、二十一坂めぐりの第一番札所は、ややこしい始まりとなりました。
ほかの坂は見つかるんだろうか。不安。
これから暑くなる一方だし。ブツブツ。


Yahoo! JAPANの地図を拝借しました。

c0238060_1223930.jpg


(ひげG)

by saitamacitypr | 2012-07-25 16:10 | まちの話題 | Comments(0)

ぷらっと盆美シャトル

こんにちは。
夏休みの宿題F677.gifF679.gifは、ドリルから先に片付けて、
自由研究や読書感想文を後回しにしがちだった「めんめん」です。

8月末の自分の誕生日には、
お祝いのケーキF6A9.gifを食べながら宿題に追われていた記憶が・・・F7CE.gif



さて、さいたま市にある、鉄道博物館F68E.gifと大宮盆栽美術館F482.gif
みなさんは行ったことありますか?

2つの施設は大宮区と北区という
隣の区内にあるものの、1日でめぐるには
電車を乗り換える必要があったりして、ちょっと大変でしたF64A.gif

そんな近くて遠い(?)2つの施設を結ぶシャトルバスが、
この夏、期間限定で運行しますF688.gifF6CD.gifF6CD.gifF6CD.gif

運行する日は8月26日までの土・日・祝日。
1日5往復します。

リンク:ぷらっと盆美シャトル運行開始!!〈盆美←→鉄博〉

運行初日の7月14日には、
鉄道博物館で出発式が行われましたF647.gif

c0238060_19355541.jpg

親子で記念のテープカットF7BC.gifF6EF.gif
いい思い出になりそうですね。

c0238060_19355657.jpg

貸切のバスに乗って、さぁ出発F65A.gif

c0238060_19404283.jpg



鉄道博物館と大宮盆栽美術館では、
これから続々と夏休みのイベントが始まります。

その一部をご紹介すると・・・F64E.gif

大宮盆栽美術館で開催する
「夏休みアート教室〜みんなで展覧会をつくろう!〜」では、
プロの写真家や美術家と一緒に作品を作りますF37E.gif

8月4日(土)「ボンサイキャラクターの誕生F3F0.gif
講師:井口真吾(美術家・絵本作家)

c0238060_19355650.jpg制作:井口真吾



8月5日(日)「写真を撮って切り抜いて―盆栽フォトモ」
講師:糸崎公朗(写真家)


c0238060_19355667.jpg制作:糸崎公朗

どちらも、申し込みは7月22日(日)まで。



そして、鉄道博物館の「夏休み自由研究講座」F65A.gif

鉄道博物館では、7月27日(金)から、3つの講座が始まりますF37E.gif
①鉄道の安全のしくみ研究講座
②環境にやさしい鉄道講座
③時刻表を使って旅に出よう

いつ、どの講座が開催されるのかは、ホームページF7E8.gif でご確認くださいね。

リンク:鉄道博物館プレスリリース「鉄道博物館 2012 夏のイベント開催について」(PDF)


涼しい施設をめぐって
図工と自由研究の宿題F677.gifF679.gifを一度に片付けることも夢じゃないかもF3F0.gif



ちなみに、宿題のないオトナの方には、
大宮盆栽美術館で開催中の「水石の美―鑑賞石の世界―」もオススメですF7EE.gif

c0238060_1938726.jpg


同館ホームページF7E8.gif によると、「水石とは、自然の石の表情に
山や海辺の風景などを見出して鑑賞するもの」。

水石…てっきり「みずいし」と読むのかと思っていたのですが、
「すいせき」と読むそうです。

ひんやりと見た目も涼しげF3C1.gifで、
ひととき夏の暑さを忘れることができますよF3A1.gif

(めんめん)

by saitamacitypr | 2012-07-20 11:22 | まちの話題 | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧