プロバスケ×プロレス

この秋、世界初の画期的な試みが、さいたま市から発信されます!
なんと、プロバスケットボールとプロレスリングの試合が、
同じ日に同じ会場で開催することが決まりました。

このイベントは、bjリーグの「埼玉ブロンコス」
「新日本プロレスリング」が、コラボし、
異種競技の試合を行うことで、
バスケファンとプロレスファンの双方に楽しんでもらおうというものです。


文化の日、11月3日(土)の正午から「新日本プロレスリング」の
試合開始。そして、午後6時から「埼玉ブロンコス」の試合開始となります。
会場は、桜区にある「さいたま市記念総合体育館」。

リンク:さいたま市記念総合体育館


9月11日(火)には、このイベントの開催に向けて、「埼玉ブロンコス」の
北向由樹選手、ジョン・ハンフリー選手、「新日本プロレスリング」の
棚橋弘至選手、タイガーマスク選手や、キャラクター開発などで
両団体を応援してきた「手塚プロダクション」の皆さんが、
市役所を訪れて、共同記者会見を行いました。

会見に先立ち、子どもたちを招待する社会貢献チケットが贈呈され、
目録を清水市長が受け取りました。

c0238060_9231996.jpg


また、このイベント開催の趣旨として、さいたま市が策定した
「スポーツ振興まちづくり計画」の
「健康で活力あるスポーツのまち さいたま」を具現化するもの
という説明もありました。
とても、嬉しいです。

リンク:「さいたま市スポーツ振興まちづくり計画」


ところで、このコラボ。プロレスは、まさに格闘技、
バスケットボールも格闘技に近い迫力ある
スポーツですが、どうして同日同会場開催になったのでしょうね?
どうやらきっかけとなったのは、手塚治虫さんが生み出した
「ブラックジャック」の「ピノコ」が「埼玉ブロンコス」を、
「鉄腕アトム」の「アトム」が「新日本プロレスリング」を、
それぞれ応援してきたことによるようです。
奇しくも開催日は、手塚さんの誕生日でもあるとか。

「埼玉ブロンコス」のユニフォーム姿の「ピノコ」に、
「新日本プロレスリング」のTシャツを着た「アトム」、
そして、「埼玉ブロンコス」のマスコット「キズナくん」も
当日のイベントを盛り上げてくれます。

c0238060_9235441.jpg


さて、共同記者会見では、両団体の選手がコラボへの期待と意気込みを
力強い言葉で語りました。

北向選手 「ふたつのスポーツがコラボすることが非常に楽しみ。
コーチが新しくなって、今までで一番辛い練習をしている。リーグを
制覇し、チャンピオンになる。」

ハンフリー選手 「コラボに、とても興奮している。目標はリーグで
勝つこと、ポストシーズンで勝つこと、チャンピオンシリーズで
勝つことだ。プロレスは、レフェリーならばできるかもね(笑)。」

棚橋選手 「当日は、一日中スポーツで盛り上がってもらいたい。
全力で頑張る。」

タイガーマスク選手 「コラボが楽しみだ。勝つことを意識して
闘いたい。プロレスとバスケット、それぞれがいい刺激を与え合って、
スポーツを底上げしたい。」

c0238060_924736.jpg

c0238060_9242997.jpg


開催が待ち遠しいですね。
チケットの前売情報は、「埼玉ブロンコス」と
「新日本プロレスリング」のホームページをご覧ください!

どちらかの試合のチケットをお持ちの方には、両試合をご観戦いただけ
る「コラボ券」も販売されます。
さらに、「コラボ券」をお持ちの方には、当日ご参加いただける
共同イベントも企画中!!

c0238060_9245083.jpg


棚橋選手、タイガーマスク選手は、試合終了後も会場に残って
「埼玉ブロンコス」を応援するようですし、とにかく魅力的で楽しみな
イベントが行われます。

皆さん、11月3日(土)は、ぜひとも「さいたま市記念総合体育館」に
お越しください!!

(サンダース)

# by saitamacitypr | 2012-09-14 08:30 | スポーツ | Comments(0)

市報、読んでる?

みなさーん、こーんにーちはーF7EE.gif
最近、毎朝甥っ子と一緒に子ども番組F6DB.gifを少し見てから
出勤するので、テンションが高い挨拶になってしまう「ポチ」です。

たまーに回ってくる、このブログ当番。
「ひげG」、「サンダース」、「Ryuu」、「めんめん」は
頻繁に登場してるけど、毎回面白い内容だなぁ。
何にしましょうかねぇ…と、ほんのちょこっとだけ悩んでいたら、閃いたF64E.gif
「そうだ、市報さいたまが出来るまでを紹介しようF65A.gif

そんな「市報さいたま」、さいたま市民の皆さんはご存知ですよねF65B.gif
そうそう、毎月1回発行されて、何だか市の情報がいっぱい載っている、あれF677.gifですF65A.gif

「市報さいたま(以下市報)」は、市の主催・共催、もしくは後援の
内容を掲載しています。
平成23年11月にリニューアルをして、
 ・表紙
 ・特集
 ・クローズアップ…市の施策やイベントを少し大きめに紹介
 ・トピックス…子どもや保健福祉、募集など、市の施策全般
 ・情報掲示板…催し、講座、スポーツなどの情報を掲載
 ・各種相談業務…相談業務全般
 ・Information…外国人向けのページ
 ・みんなの広場…市民からの素朴な疑問や投稿写真を掲載
 ・ さいたまフォト日記…主に前月に行われたイベントを写真で紹介

で構成しています。

では、ここで、市報全市版の作成スケジュールを、9月号を例に
詳しくご紹介しまーすF65A.gif


①発行日の約50日前:原稿締め切り

9月号の締め切りは、7月10日(火)でした。
原稿は、担当課から、フロッピーディスク(もしくはCD−R)と
それをプリントしたものをセットで提出してもらっています。
中のデータと添付されている原稿が間違いないかをチェックするためですF3A8.gif

c0238060_14501912.jpg
<たくさんの原稿が集まります>

c0238060_14504463.jpg
<原稿を取り込み、ページの見積もり・担当者決めを行います>


②発行日の約30日前:編集作業開始

前月号の色校の日から翌月号の編集に入ります。
9月号は7月18日(水)が色校だったので、その日の夕方から、
課内に校正を配る前日(9月号は7月27日(金))までに、各担当が
割り当てられた原稿の内容と分量を調整しながら原稿を整えます。
その整えた原稿は、担当課に校正を依頼する前に、課内で1度校正F679.gifをします。

c0238060_14515113.jpg
<校正箇所は赤字でチェック>


③発行日の約29〜20日前:校正(担当課と広報課の校正を各2回)

9月号は
・ 8月1日(水)10時に各担当課に初校を依頼
  8月2日(木)10時校正締め切り、その校正を訂正し、
  16時過ぎに 印刷業者にデータ入稿F7E8.gif

c0238060_14512665.jpg
<担当課から戻ってきた校正。
校正なしはピンク、校正ありは緑で囲み、直しもれがないように、
直した箇所は黄色でチェックします>

・ 8月3日(金)10時に印刷業者が印刷したものが納品。
  それを課内に配り、各自校正するF677.gif

・ 8月6日(月)、各自校正した内容を話し合い、データ修正。
  16時過ぎに各担当課に再校正を依頼F677.gif

・ 8月7日(火)10時校正締め切り。各担当課から提出されたものを
  データ修正し、16時過ぎに委託業者に入稿F7E8.gif

c0238060_14521537.jpg
<マックのパソコンで編集中>

・ 8月8日(水)、10時に委託業者から前日提出したデータを印刷したものが納品。
  それを課内に配り、各自校正F679.gifをする。

・8月9日(木)校正したものを話し合い、データ修正し、市長決裁F651.gif


④発行日の約15日前:色校

実際に発行される紙で印刷したものを、使用している色に間違いがないか、
カラーページの色の濃淡などをチェックしながら、最終校正F679.gifをします。
9月号は8月16日(木)でした。

c0238060_1453259.jpg
<色校原稿。4ページ分が1枚の紙で印刷されます>

色校の日は、毎月定例の編集会議をして、市報の表記についての
話し合いをしたり、各担当業務の連絡事項を伝え合ったりしますF39D.gif


⑤発行日の約14日前:念校・校了

市報担当の2人が、印刷業者に行き、前日に行った色校で直したものが
反映されているかを踏まえながら、ほんとに最終の校正をします。
これを念校と言います。念校で直しを入れたものはその場で修正してもらい、
それを確認後、校了ですF6D2.gif


⑥発行日の約10日前:印刷


⑦発行日の約5日前:納品

9月号は8月24日(金)に納品されましたF677.gif

c0238060_14531057.jpg
<9月号の表紙です。表紙の写真F6EE.gifF37E.gifは広報課職員が撮ったものを使用しています。
ちなみに、これはポチが昨年撮った写真ですF3A1.gif>


⑧発行日の3日前より:配布

毎月1日を含む、前4日間で全戸配布するので、9月号は
8月29日(木)〜9月1日(土)に、市内全戸(約53万戸)に配布しました。
年末年始と毎年3月末は配布期間が変わります。

いかがですか?
ズラズラと書きましたが、かいつまむと、皆さんのお手元に
届くまでに、広報課で6回校正をして、印刷・発行しています。

編集は一筋縄にはいきませんF7F5.gif
特に最近は、掲載希望原稿がかなり多いF65A.gif
たくさんの原稿をカットしないと掲載できないので、
担当課には、原稿の優先順位をつけてもらっています。
ちなみに、9月・10月号は、両月とも197件の掲載依頼が…F7CE.gif

載せられないことや、担当課の校正どおりにならないことを伝えると、
当然ですが、各課の担当さんから、ちょこっとだけ抵抗F3A2.gifされます。
「先月も載らなかったのに、何で載らないんだ」、
「条例どおりに載せてもらわないと困る」…。


分かります、分かります、その気持ちF396.gif
ポチも広報課に異動する前は原稿を出す側だったので、
気持ちは分かります。
でも、条例を原文のまま載せても市民の皆さんには分かりづらいし、
限られた紙面の中で、すっきりと分かりやすい内容で掲載しなければ
ならないので、最終的には納得してもらっています。フゥ…F7F6.gif

c0238060_14523287.jpg
<悩んだときは隣の人と相談>

そして、「内容は次ページにまたがない」、「イラストはほぼ必ず
1ページに1つ以上入れる」、「情報掲示板は時系列に掲載する」
などのルールF659.gifを設けています。
これらは今後変わる可能性もありますが、ある程度のルールは
統一感のある紙面づくりには必要だと、ポチ的には思っています。

手前味噌ですが、市報F677.gifって、良く読むと面白いんですよF65A.gif
特集からトピックスまでは、さいたま市はどのような施策を
どのように取り組んでいるかが分かるし、情報掲示板は
興味深い内容も多く、編集をしていて、毎月「これ、行きたいなぁF65A.gif」と
思うものがありますF7F4.gif

ちなみに、市報は市ホームページF7E8.gifで見ることができます。
PDFファイルのほか、デジタルブックF677.gifでも見ることができますよF65A.gif
ぜひ、活用してくださいねF7EE.gif

広報課は、市民と市をつなぐ情報の架け橋F3C6.gif
市報F677.gifはその大事な手段の1つ。
これからも、市の情報を分かりやすくお伝えできるように、頑張りますF48A.gif

あぁ、「ひげG」みたく長文になっちゃった。エヘッF3AC.gif
(ポチ)

# by saitamacitypr | 2012-09-12 17:12 | 職員ノート | Comments(0)

のびのび記念日〜「のびのびシティ」が生まれるまでのお話

「のびのび」を縦にすると「9び9び」に見えるから、
「9月9日は、のびのびの日」F6CF.gif

・・・と、以前にRyuu先輩が宣言F6EA.gifしていました。

c0238060_11513812.jpg


そんな9月9日は昨日だったわけですが、
みなさんにとっては、どんな一日だったでしょうかF65B.gif
私「めんめん」は、女子6人集まって温泉F695.gifでのびのびしてきましたF7EE.gif



さて、このブログのタイトルにもなっている「のびのびシティ」。
これは、昨年11月に決まった
さいたま市の都市イメージキャッチフレーズです。

「さいたま市って、どんな市F65B.gif
「さいたま市の魅力って、なにF65B.gif

そう聞かれたら、みなさんなら、どうこたえますかF65B.gif
さいたま市には奥ゆかしい人が多いのか、
「胸を張ってこたえられますF65A.gif」という人は少ない・・・ような気がします。

少なくとも、今までの私が聞かれたら、
「地元さいたま市のことは好きだけど・・・うーん」って、
すぐには答えられませんでした。

「のびのびシティ」は、
そんなさいたま市のイメージをつくり、
市にもっともっと愛着を持ってもらえるように、
と作られたキャッチフレーズなんです。

今日はそんな「のびのびシティ」が
どうやってできたのかF34E.gifをご紹介します。



まずは、去年の7月。
キャッチフレーズ検討委員会という集まりで、
どうやってキャッチフレーズを決めるのかを話し合いしました。

c0238060_11513883.jpg


この委員会のメンバーには、
市民の方や大学教授のほかに、落語家さん、
タウン誌の編集長さん、FMラジオ局の取締役さんなども含まれていました。
会議では笑いもあり、賑やかF485.gif
意見やアイディアが次々と出る活発な委員会でした。

そして、「たくさんの方に、さいたま市について考えてもらおう。」
ということで、キャッチフレーズの公募を行うことになります。


c0238060_11513835.jpg
公募期間は
平成23年8月20日から9月5日までの17日間。

北は北海道から南は佐賀県まで、日本全国から、
なんと2,000を超える応募がありましたF39E.gif
ご応募いただいた方、ありがとうございますF65A.gif




どんな作品があったのか、
私が気になったものをいくつか紹介させていただくと・・・。

「住んでごらん 住めば住むほど 住みごたえ」
なんだかリズムがいいですF7EE.gif

「た さいたま!」
「ダサいたま」じゃなくて、多彩ってことですね。

「上手く言えない。だけど、好き!」
まさに!そうなんですよね〜。

「おかえりなさいたま。」
駄洒落ですね。でも、ひといきで言える感じが好き。
ちなみに、「いらっさいたま」というのもありました。

そして、検討委員さんが各自持ち寄った
お気に入り作品がこちら

この中からちょっと手を加えて5案にしぼり、市民投票を行いました。


c0238060_1151389.jpg

1 「いつか、僕らのふるさとになる。」
2「うまれる、ここから。さいたま市」
3「最多満足 さいたま市」
4「のびのびシティ さいたま市」
5 「ゆるっと、先端都市。さいたま市」


投票期間は
平成23年9月30日から10月9日までの10日間。


そして投票数が最も多かった、
さいたま市南区在住の中尾 慎さんの作品
「のびのびシティ さいたま市」が最優秀作となりましたF647.gif

<最優秀作品を作成した中尾さん>
c0238060_11513824.jpg


「さいたま市って、どんな市F65B.gif
「みんなが、のびのび、暮らせるまち、
未来に向かって、伸びて、伸びていくまちF65A.gif

さいたま市を愛する人が、
そう胸を張ってこたえられる日がきますようにF640.gif

ちなみに・・・
市の公式ホームページでは、
キャッチフレーズの策定手順などを詳しく掲載しています。
もっと詳しく知りたい!という方は、こちらをご覧ください。
ロゴタイプのダウンロードもできます。

c0238060_11513876.gif



さらに・・・
ただいま期間限定で、のびのびシティが
さいたま市公式ホームページのトップページをジャック中F65A.gif
9月17日までなので、こちらもチェックしてみてくださいね。

(めんめん)

# by saitamacitypr | 2012-09-10 15:47 | さいたま伝 | Comments(0)

そうだ!図書館へ行こう!

さいたま市の図書館 F677.gifここがすごい!
●市民ひとり当たりの貸し出し・予約数が政令指定都市で第1位F647.gif(平成22年度)
●ひとり30点まで、14日間借りられます。
●予約も30点まで可能。
これは、市報さいたま8月号で特集を組んだ「図書館へ行こう!!」の一部。
たくさんの本を読んでるんだぁ、2週間で30冊!速読が必要かぁ!?


行ってきました、JR浦和駅東口コムナーレ8階のさいたま市立中央図書館!

今回は、本を借りに来たのではなく、
埼玉県・さいたま市共同企画資料展「自慢したい風景」の
取材F6EE.gifF6DC.gifで来ました!

<9月1日(土)から16日(日)まで開催。>

c0238060_961430.jpg


担当者に話を聞いたところ、
今までも、図書館での催しものは様々あったが、
今回は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、
横浜市、川崎市、相模原市、千葉市、そして、さいたま市。
9つの自治体にある図書館で、共通のテーマ「自慢したい風景」を
8月21日(火)から11月7日(水)までリレー方式 F643.gif F6CD.gifF643.gifで資料展示している。
このような企画は、初めての試みと。

担当者も、みなさんに、たくさんの図書を読んで欲しい。
そのために、色んな仕掛けを作っていきたい。
今回は、写真展を開催している。
写真F6EE.gifと図書 F677.gifのコラボレーションが狙いです。


実際、館内を歩いてみると、
c0238060_961413.jpg



図書を面置きにできるスペースに自慢できる風景を紹介するコーナーが、
ここに、さいたま市を紹介する図書が並んでいる。
これがコラボね。
奥に進んで、イベントコーナー。
c0238060_961488.jpg

<上:面置き出来る本棚 下:「自慢できる風景」コーナー>




並んでます、さいたま市の「自慢したい風景」たちが。
見沼たんぼ、大宮氷川神社など30点。


c0238060_9613100.jpg

<イベントコーナーの写真>


投票用紙が?
来館者に投票してもらって、ベスト10を選ぼうというわけ。
担当に詳細を聞いたら、埼玉県でも投票を行い発表する予定。
投票は、この企画のために期間限定で、
9月1日に開設した「さいたま市立中央図書館」のFacebookでも
投票可能だそうです。

今日の仕事帰りにでも、本を借りに、最寄りの図書館へ行ってみようかな。
「そうだ!図書館へ行こう!!」


(Ryuu)

# by saitamacitypr | 2012-09-07 15:37 | 子育て・教育 | Comments(0)

菩薩の坂と合体神社 〜 坂めぐり その三

武蔵浦和駅から中央郵便局の前を通って、
南浦和駅方面へ向かう道(曲本さいたま線)の途中、
国道17号線をこえてほどなくして、医王寺前の5差路があります。
そこを南に折れ(武蔵浦和駅を背に右折)、300メートル足らずで
道端にお地蔵様がいらっしゃいます。
左側の高台から、ちょうどそこへ降りてくる坂が地蔵坂。

c0238060_15225587.jpg

坂道の半ばに、表示板もしっかり残っています。
(以下小声で)が、とくに目立つような坂ではありません。(ヒソヒソ)

c0238060_15225540.jpg

c0238060_15225573.jpg


地蔵坂をあっけなく発見し、というよりお地蔵様がわかりやすくて、
きれいな表示板まで写真F6EE.gifに収めたので、足取りも軽くそのまま南下します。
このあたりは、台地のへりをたどるように道が走っていて、
道の右側は平地ですが、左側は傾斜地です。
武蔵野線の下をくぐって、これもほどなくして、
ゆるやかに湾曲する坂道を発見。その名も観音坂といいます。

c0238060_15225529.jpg

坂の名の由来は、坂を下った先に観音堂があるためですが、
坂道がすでに尽きた先のことなので、実感が薄い。
坂道の上のほうに表示板がちゃんとありました。
父と娘が自転車F687.gifを押しながら登ってきました。
地蔵といい、観音といい、どちらも菩薩様ですが、
坂道の風情としては現代的です。

c0238060_15225580.jpg


さてさて、本日はあっけなく2坂収穫。「記事が長い」と口さがない
スズメ達に陰口をたたかれているワタクシとしては、
さっさと業務終了したいところですが、いえ、ほんとですって。
少しだけ余談。(笑)

地蔵坂の手前の道沿いに、見るからに鬱蒼とした木立F487.gifがあります。
道から見上げると、その木立の群れが明らかに異質な空間として
感じられます。

c0238060_15225582.jpg


道沿いの看板には「睦神社 社叢」(むつみじんじゃ しゃそう)とあり、
市指定文化財です。能書きを読んでみましょう。

c0238060_15225577.jpg


市指定天然記念物
睦神社社叢
昭和四十七年七月十九日指定
所有者 睦神社

この睦神社は、大宮台地の南縁の舌状台地上にあり、
境内にはシロダモ、ヤブツバキ、ビナンカズラ、キチジョウ
ソウなどの暖地性植物が多く自生しています。これは、この
台地の縁辺にかつて太平洋の暖流が打ち寄せており、この
地一帯に暖地性常緑広葉樹が繁茂していたことの名残の
ものです。
この地の古い植生を伝える社叢として、保存価値の高い
ものです。
昭和五十七年一月 浦和市教育委員会



「叢」とは草木が群生している様ですから、
社叢とは、いわゆる「鎮守のもり」でしょうか。
睦神社のもりには、暖かい土地に育つ植物F487.gifが生えていて、
それは海岸線がこのあたりまで侵食していた時代の名残
であると述べています。

ふむふむ、なるほど周囲とは異質な景観だったわけがわかりました。
が、しかし、このあたりが海岸線だった頃とは、いつのことだ。

海岸線がさいたま市あたりまで内陸化した最も新しい時代は、
このあたりに貝塚F3C0.gifが作られた時期かしら。
とすれば、縄文時代の前期、縄文海進とよばれる海岸線の後退があり、
今から6千年前がピーク。
縄文杉より長生き。
ということではなく、世代交代を繰り返して、何千年間も
暖地性樹木の末裔が生き続けたということでしょうね。

傾斜の急な歪んだ石段が、途中でなんと交差点になっています。
地図にも交差して載っています。
登りきると、境内にはいくつもの社殿が寄り合っていました。


c0238060_152255100.jpg


ところで、その睦神社。聞いたことのない神社名ですが、調べてみると
「古くは富士社といったが、明治四十年、別所の稲荷社、辻の熊野社、
文蔵の神明社、白幡の諏訪社、八幡社などを合祀し、同四十四年さらに
数社を合祀し、睦神社と改称した。」(『わがまち浦和』)

神様の雑居状態で、それで仲良く過ごせとばかりに
「むつみ」ですか。マサカネ。

別所から転居してきた稲荷様でしょうか、境内には
狛犬のかわりに狐F6BA.gifが守る社もあります。かわいらしい小狐付き。


c0238060_15225574.jpg


稲荷様も熊野様も諏訪様も八幡様も「合体」してしまおう
というのだから、乱暴な話ですが、これは明治期の国策。
国中にあふれる八百万の神様は、整理・合祀され大幅に減りました。
あげく、「稲八金天神社」なるものまで生まれました。
稲荷神社、八幡宮、金比羅神社、天満宮の合体神社です。

むつみ神社も、もとの神様の頭文字を集めたら、
奇天烈な社名になりますが、合祀した神様が多すぎて、
寿限無(じゅげむ)状態になってしまうため、
単に「むつみ」としたのかもしれません。
なお、稲八金天神社は「いなはちこんてん神社」と読みます。

ああ、今日も長々書いてしまったなあ。
(ひげG)

<地蔵坂・観音坂付近地図>c0238060_15225689.jpg

# by saitamacitypr | 2012-09-05 16:34 | まちの話題 | Comments(0)


※市WEBサイトのリニューアルのため、2013年12月23日以前の記事はリンクがつながらない場合があります。その場合は、市WEBサイトで検索をお願いします。 http://www.city.saitama.jp/


by saitamacitypr

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

記事ランキング

カテゴリ

全体
職員ノート
まちの話題
観光
子育て・教育
おいしー
スポーツ
さいたま伝
未分類

検索

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カウンター

Free Access Counter Templates地図姫

広報課ブログについて

さいたま市ブログ運用方針はこちら


掲載内容
このブログの掲載内容は、職員の体験や個人の見解であり、必ずしも、さいたま市の意見を代表するものではありません。


コメント
コメントは承認制のため、すぐに反映しません。


レスポンス
寄せられたコメントに対するレスポンスは行いませんので、あらかじめご了承ください。


問い合わせ先
さいたま市市長公室広報課
TEL 048-829-1039
FAX 048-829-1018
さいたま市公式WEBサイト

c0238060_1695580.jpg

ブログジャンル

広報
関東

画像一覧